1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

WOWOWオリジナル番組「ブルーマン」 第40回国際エミー賞 芸術番組部門にノミネート!

PR TIMES / 2012年10月9日 19時15分

 昨年5月に放送いたしましたWOWOWオリジナル番組「ブルーマン×鼓童 BLUEMAN MEETS和太鼓」、「ブルーマン×市川亀治郎 BLUEMAN MEETS 歌舞伎」(エントリー名:「ブルーマン」)が、第40回国際エミー賞の芸術番組部門にノミネートされました。
 国際エミー賞に当社の番組がノミネートされるのは昨年の「ノンフィクションW『はじまりの記憶~現代美術作家・杉本博司~』」に続き2年連続2回目となります。

 国際エミー賞とは、50を超える国の500社以上の放送局や番組制作会社などを代表する会員によって構成される「国際テレビ芸術科学アカデミー」(The International Academy of Television Arts & Sciences)が主催する権威ある賞で、アメリカ以外で制作・放送された優秀なテレビ番組に贈られます。
 第40回国際エミー賞の受賞作発表および授賞式は、現地時間2012年11月19日(月)にニューヨークで行われます。

 この番組は、1991年オフブロードウェーで劇場公演となって以降、世界各地でロングラン公演を続ける世界的なエンターテインメント集団「ブルーマングループ」と、日本の伝統芸能「和太鼓」「歌舞伎」をWOWOWオリジナルステージで融合させ、世界初のコラボレーションを果たした作品です。
 今回のノミネートを受け、12月にWOWOWプライムで当該作品の再放送を決定いたしました。

 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナル番組の制作に力を入れ、視聴者の皆様に上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

【お問い合わせ先】
(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089


「ブルーマン」について
●初回放送
 「ブルーマン×鼓童 BLUEMAN MEETS和太鼓」     2011年5月2日(月)
 「ブルーマン×市川亀治郎 BLUEMAN MEETS 歌舞伎」 2011年5月3日(火・祝)
●再放送
2012年12月にWOWOWプライムにて再放送決定
●番組内容
 日米エンターテインメントが奇跡の融合!
 ブルーマングループと日本の伝統芸能が世界初のコラボレーションを果たしたWOWOWオリジナルスペシャルステージ。
 1980年代後半にニューヨークの路上で生まれ、1991年にオフブロードウェーで劇場公演となって以降、世界各地でロングラン公演を続け、2011年に20周年を迎えた「ブルーマングループ」。いまや世界的なエンターテインメントとしてその名を知られる存在となった彼らのパフォーマンスのルーツは、日本の伝統文化からの影響が大きいという。
 「ブルーマン×鼓童」では、新潟県・佐渡島を拠点に太鼓を中心とした伝統的な日本の音楽芸能を追及する太鼓芸能集団「鼓童」とブルーマングループが“リズムとリズム”をテーマに共演。ブルーマングループのショーの大きな見どころは、キャラクターが演奏する力強いドラム。そのショーの原点には太鼓が持つ「儀式性」「原始性」があると言う。日本の風土の中で育まれ、儀式の中心でもあった和太鼓の響きが、ブルーマンのリズムと融合する。
 「ブルーマン×市川亀治郎」では、映画やテレビドラマで話題の歌舞伎俳優・市川亀治郎が、“スピン(回転)”をテーマにブルーマンの音楽で歌舞伎舞踊「獅子」を舞う。荒ぶる魂を持つ日本の伝統芸能・歌舞伎とロックエンターテインメントとの刺激的なコラボレーションが実現した。
番組では、彼らの出会いから、それぞれのオリジナルレパートリーを融合させ、全く新しいパフォーマンスを誕生させるまでの対話の様子など、この奇跡のステージが実現するまでのメイキングもあわせて取り上げている。
※番組情報は初回放送時のものです。

【DVD情報】
●タイトル:「ブルーマン×鼓童 BLUEMAN MEETS和太鼓」
      「ブルーマン×市川亀治郎 BLUEMAN MEETS 歌舞伎」
●2012年2月29日 発売     ●価格:各3,800円(税込)
●制作・発売元:WOWOW  ●販売元:ポリドール映像販売会社

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング