「サントリー樽ものがたり」のプロデュースによる入居者専用バーラウンジ「UMIMAE LOUNGE(ウミマエラウンジ)」を設置(ニュースリリース)

PR TIMES / 2020年8月3日 18時15分

分譲マンション「ブランシエラ那覇曙プレミスト」に新たな魅力

 株式会社長谷工不動産(本社:東京都港区、社長:天野里司)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、沖縄県那覇市において、分譲マンション「ブランシエラ那覇曙プレミスト」を開発中ですが、共用施設の充実を図るため、サントリースピリッツ株式会社(本社:東京都港区、社長:神田秀樹)が展開する「サントリー樽ものがたり」のプロデュースによる入居者専用のバーラウンジ「UMIMAE LOUNGE(ウミマエラウンジ)」を設置します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2296/1393/resize/d2296-1393-885728-0.jpg ]

 「サントリー樽ものがたり」は、ウイスキーをさらに味わい深く愉しんでいただくことを目的として、ウイスキーを熟成し育む役割を終えた樽を再生した、ストーリー性の高いオーク材を用いて、こだわりの家具やインテリア、テーブルウエアを数多く提案しています。
 今回、「ブランシエラ那覇曙プレミスト」では、入居者専用のくつろぎ空間として、「サントリー樽ものがたり」のプロデュースによるバーラウンジ「UMIMAE LOUNGE」を1階に設け、ウイスキー樽を再生した家具やインテリア、樽材を活かした壁面オブジェなどを配したこだわりの空間で、ウイスキーを美味しく愉しんでいただくことはもちろん、「プレミアムモルツ」やワインなどの酒類や飲料を提供します。
 特にウイスキーにはこだわり、「ジムビーム」や「メーカーズマーク」をはじめ、様々な銘柄を取りそろえます。また今後は、「おいしいハイボールセミナー」や「ウイスキーとおつまみのペアリング講座」など、ウイスキーをより愉しんでいただくことができるワークショップの開催も予定しています。
 「ブランシエラ沖縄那覇プレミスト」は、開放的な居住空間と快適なサービスで、より上質な沖縄ライフの提供を目指します。

●「ブランシエラ那覇曙プレミスト」の概要
 当物件は、開発コンセプトを「海前スタイル」とした、那覇市内では数少ない海岸沿いに立地する全117戸の分譲マンションです。那覇空港から車で約10分とアクセスも良好で、県内需要だけではなく、首都圏を中心とした県外からの移住・セカンドハウス需要にも適しています。
 また、多くのお客さまのニーズにお応えするため、住戸バリエーションは50~70平方メートル 台、2LDK~3LDKの全9タイプからなる多彩なプランをご用意し、オーシャンビューの住戸も数多く設けました。
 さらに共用施設には、バーラウンジ「UMIMAE LOUNGE」のほかに、県内最大規模のお祭り「那覇ハーリー」の花火大会も楽しめる屋上テラス「UMISORA TERACE(ウミソラテラス)」を設けるなど、沖縄での充実した生活をサポートします。

「ブランシエラ那覇曙プレミスト」公式サイト
https://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kyushu/okinawa/akebono/

[画像2: https://prtimes.jp/i/2296/1393/resize/d2296-1393-546606-1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング