1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界のEコマース決済市場ータイプ別(クレジットカード、デビットカード、デジタル決済/ Eウォレット、ネットバンキング、ギフトカード)、アプリケーション別、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年11月22日 18時15分

SDKI Inc.が「世界のEコマース決済市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年11月22日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58622



Eコマース決済市場は、2022年に約395億米ドルの市場価値から、2030年までに約931億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に13%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1417/resize/d72515-1417-639d6d0ef464b0d1ca02-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-e-commerce-payment-market/131

Eコマース決済は、オンライン媒体を介して特定のトランザクションの電子支払いの承認を容易にするシステムです。インターネットベースの銀行や人々の間でのショッピングの広範な使用により、Eコマース決済システムの使用は広く普及しています。クレジットカードは、Eコマーストランザクションで最も頻繁に使用される支払い方法です。クレジットカード取引用のStripe、明示的なオンライン銀行支払い用のSmartpay、販売カウンターでの代替支払い方法用のPayPalなど、インターネットプラットフォームを介した金融取引を専門とする会社がいくつかあります。

メディエーターの多くは、消費者が即座に口座を作成し、オンライン口座と通常の銀行口座の間で、最も一般的には自動決済機関(ACH)取引を通じて資金を移動できるようにします。したがって、これらの要因は、世界中のEコマース決済市場の成長を牽引すると予想されます。さらに、デジタルバンキングのユーザー数の増加、およびインターネットの幅広い利用可能性によるスマートフォンの普及の増加は、予測期間中にEコマース決済市場の成長を推進する他のいくつかの要因です。

さらに、最近の世界中でのCOVID-19パンデミックの蔓延は、政府が移動に対して厳格な措置を課し、銀行インフラストラクチャにアクセスする可能性が低いため、銀行および金融セクターに悪影響を及ぼしています。したがって、従来の銀行は金融施設を提供することができませんが、eコマース決済は、取引を行うための代替モードとして使用できます。それにより、eコマース決済市場の成長に影響を与えます。しかし、データのセキュリティとプライバシーの懸念は、2022ー2030年の予測期間中にeコマース決済の成長を妨げる可能性があります。

Eコマース決済市場セグメント

Eコマース決済市場は、タイプ別(クレジットカード、デビットカード、デジタル決済/ Eウォレット、ネットバンキング、ギフトカード、その他)、アプリケーション別(ファッション、電子機器、メディア、食品・パーソナルケア、家具・電化製品、サービス業界、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

Eコマース決済市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、人々の間でのオンラインショッピングとオンライン決済の人気の高まり、とこの地域での電子商取引決済サービスプロバイダーの重要な存在に起因しています。さらに、アジア太平洋地域も、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。スマートフォンやインターネットの普及、とクレジットカードやデビットカードのユーザー数の増加などの要因により、アジア太平洋地域のEコマース決済市場に有利な成長の機会が生まれます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
siヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

Eコマース決済市場の主要なキープレーヤー

Eコマース決済市場の主要なキープレーヤーには、PayPal Holdings, Inc.、Amazon Payments, Inc.、CCBill, LLC、WePay Inc.、Alipay、Visa, Inc.、MasterCard Incorporated、Stripe Inc.、American Express Company、UnionPay International Co., Ltd.などがあります。この調査には、Eコマース決済市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58622

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください