1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アルクの電子書籍「EJ新書」新刊『英検1級の語彙を極める!』4月8日発売

PR TIMES / 2021年4月8日 12時45分

関西弁の軽快な解説で笑いながら学ぶ!英検1級合格者の語彙とテクニック

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野智之、以下アルク)より、「EJ新書」の『英検1級の語彙を極める!』発売のご案内を申し上げます。



[画像: https://prtimes.jp/i/888/1421/resize/d888-1421-343289-0.jpg ]

「EJ新書」シリーズは、英語学習者から英語のプロまで、英語に関わるすべての人に役立つ情報を提供するWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」( https://ej.alc.co.jp/)の人気連載や、月刊誌『ENGLISH JOURNAL』の特集などを基にした、手軽でお得な電子書籍です。

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」は、『ENGLISH JOURNAL』の「英語を学び、英語で学ぶ」というコンセプトや、英語を学ぶ喜びを、より多くの方に届けるため、2020年3月にWebメディアとして誕生しました。

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」から生まれた電子書籍として、下記の書籍が4月に発刊されます。

『英検1級の語彙を極める!』和泉有香(Joy)著
https://amzn.to/3fcAuWJ

「単語は何回やっても覚えられない」という悩みをお持ちではありませんか?本書では、TOEIC満点、英検1級(優良賞受賞)の実力を持つ和泉有香(Joy)さんが、笑いと関西弁を交えたテクニックで、あなたの語彙力を磨いていきます。

「同じ意味でも使い分ける必要がある単語」「つづりや発音が似ている単語」「知らなければ読めない単語」「英検1級にふさわしい単語」「熟語」など、各単語の特徴に合った、苦にならない覚え方を紹介します。

さらに、英検1級の二次試験対策についても解説。「合格のために本当に必要なこと」は、覚え込んだ事実の羅列ではなく「アナタはどう考えるか」を表現することです。第7章でお伝えするJoyさんの二次試験体験談と、第8章で紹介するスピーチの練習法は、英検合格のための学習にとどまらず、アナタを魅力的な話し手にすること間違いなしです。

■目次
はじめに
【第1章】「教える」って意味の英単語、teach以外に4つ以上言える?
【第2章】大人のカルタ取りゲームで覚える「似た英単語」
【第3章】「知らなければ絶対に読めない英単語」を掘る
【第4章】「副詞のveryは使わない」と決めよう!
【第5章】boil down toの意味は?合格するための「熟語の覚え方」
【第6章】antithesisの意味は?合格するための「知らない語彙」の覚え方
【第7章】我、英検1級二次試験をかく戦えり
【第8章】結局、二次試験には何が大事なん?
おわりに

■著者プロフィール
和泉 有香(いずみ ゆか、Joy):
劇団通訳、塾講師などを経て現在は神戸海星女子学院大学、大阪市内の英語専門学校などでTOEIC対策、英検対策、英語発音などを教えている。TOEIC 1390点(L&R 990点、S&W 400点)、英検1級(優良賞受賞)、全国通訳案内士(英語)。著書、共著に『TOEIC(R)テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング』(アルク)、『2カ月で攻略 TOEIC(R) L&R テスト900点!』(アルク)、『はじめての英検準1級総合対策』(アスク出版)、『2021年度版 英検過去問レビュー 準1級(3級~準1級)』(河合出版)、『英語リスニング試験“完全攻略”ストラテジー』(IBCパブリッシング)などがある。宝塚歌劇と沖縄にときめく。
Twitter: https://twitter.com/JoyJPN
Clubhouse:@joyjpn

発売日:2021年4月8日(木)
価格:550円(税込)
購入可能場所:Amazon.co.jp

●EJ新書シリーズ
https://ej.alc.co.jp/ej-shinsho

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎えた英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング