ピン芸人・バカリズムの傑作コントをカラオケルームで堪能!出演・脚本・演出の全てを自身で手掛けた単独ライブ「ドラマチック」をJOYSOUND「みるハコ」で無料配信!

PR TIMES / 2020年10月13日 15時15分

JOYSOUNDが展開する「みるハコ」では、孤高の天才・ピン芸人、バカリズムが出演・脚本・演出の全てを自身で手掛け、2018年5月に赤坂・草月ホールで開催したオリジナルコントライブ「ドラマチック」の模様を、10月20日(火)から12月19日(土)までの期間中、無料配信することを決定しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/4747/1435/resize/d4747-1435-247969-0.jpg ]


▽詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item/805506/

本コンテンツは、歌うだけでなく、観て楽しめる多彩なジャンルの映像コンテンツを配信することで、カラオケルームに新たなエンタテインメント空間としての価値を創出するJOYSOUNDの新サービス「みるハコ」でお楽しみいただける長編映像の一つで、再生時間は115分。最新機種「JOYSOUND MAX GO」を導入のカラオケルームにて、無料(別途室料)で視聴いただけます。

TV番組を中心に、脚本、CMやナレーションなど、多方面で活躍するかたわら、定期的に行っている単独ライブは、発売と同時に即完売となるほどの人気を誇るバカリズム。本配信では、赤坂・草月ホールで多くのファンを笑いに包んだ全7本のコントをたっぷりと収録。斬新な発想でファンを魅了してやまないバカリズムのコントは一見の価値あり。この機会をお見逃しなく、カラオケルームならではの臨場感あふれる音と映像で、傑作コントの数々をお楽しみください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/4747/1435/resize/d4747-1435-345350-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4747/1435/resize/d4747-1435-175205-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/4747/1435/resize/d4747-1435-953040-3.jpg ]


= バカリズムライブ「ドラマチック」 配信概要 =

◆配信コンテンツ:バカリズムライブ「ドラマチック」
1.プロローグ~オープニング/2.言い残す男~私立探偵長谷部真一郎シリーズ「雪に消えた殺意」/3.NANDEYANEN!~おとぎドラマチック話/4.銀行弱盗~棒 Meets Girl/5.ミュージックあげるよ~TA-LA ATSUME TA-LA(2番)/6.Remember Glory~満月の告白/7.ドラマチックなバカリズム~エンディング

◆対象機種:JOYSOUND MAX GO
※ブロードバンドによる開局を行っている店舗で、お楽しみいただけます。ただし、機種及び設置環境により対応していない場合がございます。

◆配信期間:2020年10月20日(火) ~ 2020年12月19日(土)

◆料金:無料 ※別途室料

◆再生時間:115分 ※2時間30分以上の予約推奨

[視聴方法] カラオケルーム内に設置の選曲用端末「JOYPadキョクナビ」のトップ画面にある
「みるハコ」のバナーから表示されるページより、対象のコンテンツを選択ください。

▽詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item/805506/


■「新しい生活様式」に対応したライブ配信・視聴プラットフォーム=「みるハコ」

「みるハコ」は、大音量・高音質というカラオケボックスの強みを活かし、自宅では味わえない視聴環境で、会場等からのライブ・ビューイング、長編映像を楽しむことが可能なプラットフォームサービス。2019年6月よりサービスを開始し、現在、ライブ・ビューイング対応店舗は47都道府県を網羅し、5,000ルーム以上にのぼります。

新型コロナウイルスの流行に伴う緊急事態宣言が解除され、経済が動きを取り戻すなか、業界団体のガイドラインに則り、全国的にカラオケ店舗の営業が再開。その一方で、大規模なライブ・イベントの開催や、移動を伴う全国ツアーの開催にはまだ時間を要する状況にあります。

「みるハコ」は、身近な生活圏にあるカラオケボックスで、大音量・高音質のライブ・ビューイングを、少人数での視聴でも楽しめる「新しい生活様式」に対応したサービスです。自宅ではない場所で思いっきりライブを楽しみたいという声と、ミュージシャン・ライブハウス等を繋げることで、皆さまの「ココロのボリューム」を高めて参ります。「音楽ライブ」をはじめ、「お笑い」「バラエティ」など多様な映像コンテンツを続々配信予定です。今後の展開にご期待ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング