「サッポロ GOLD STAR」売上100万ケース突破

PR TIMES / 2020年3月9日 17時45分

~発売から約1か月で達成し、好調なスタート。~



[画像1: https://prtimes.jp/i/12361/1438/resize/d12361-1438-885825-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/12361/1438/resize/d12361-1438-699587-1.png ]



サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)が2月4日に発売した新ジャンル「サッポロ GOLD STAR」は、発売後約1か月となる3月5日の出荷をもって100万ケース(注1)の売上を突破し、2020年の年間販売計画360万ケース達成に向けて好調なスタートとなりました。

当社はこれからも異なる『おいしさ価値』を追求した「サッポロ GOLD STAR」と「サッポロ 麦とホップ」(注2)2つのブランドで、お客様の高まる新ジャンル商品への期待に応えていきます。
(注1)大びん633ml×20本換算
(注2)2020年3月製造分からリニューアルし、ビールにもっともっと近い味わいを実現した新しい「サッポロ 麦とホップ」を順次全国で発売します。
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000011755/


【好調の理由】
1.確かな『おいしさ価値』を追求
当社は独自調査の結果から新ジャンルを購入されるお客様は「おいしいことが、より実感・確信できること」を期待していると推察しています。「サッポロ GOLD STAR」は長い歴史とともに磨き続けてきた当社の二大ブランドである「サッポロ生ビール黒ラベル」と「ヱビスビール」に採用している麦芽とホップを一部使用し、その技術と信念をつぎ込み理想の“力強く飲み飽きないうまさ”を実現した、確かな『おいしさ価値』を追及してお客様の期待に応えています。


2.「金星」を堂々と配したパッケージ
パッケージの中心には堂々とサッポロらしさを感じる「金星」を配しており、“シンプルで洗練されている”や“インパクトがある。手に取りたくなるデザイン”という声をいただいています。

3.TVCMに窪田正孝さんを起用
『飲み飽きない理想のうまさを求める』という当社の強い「決断」を窪田正孝さんが「すべてのうまさを過去にする」という言葉とともに、堂々と表現しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12361/1438/resize/d12361-1438-897051-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12361/1438/resize/d12361-1438-863143-3.png ]


<消費者の方からのお問い合わせ先>
サッポロビール(株)お客様センター
TEL 0120-207-800

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング