1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界のSNPジェノタイピングと分析市場ー製品別(消耗品/試薬、機器、サービス)、技術別、アプリケーション別(医薬品や薬理ゲノム学、診断研究、など)、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年12月4日 11時15分

SDKI Inc.は、SNPジェノタイピングと分析市場の新レポートを2021年12月03日に発刊しました。この調査には、SNPジェノタイピングと分析市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。
レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-59130




SNPジェノタイピングと分析市場は、2022年に約219億米ドルの市場価値から、2030年までに約833億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に21%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1465/resize/d72515-1465-93ae60d8b81ca4b8890a-0.png ]


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-snp-genotyping-and-analysis-market/213

一塩基多型(SNP)ジェノタイピングは、種のメンバー間のSNPの遺伝的変異をスクリーニングおよび検査する方法です。SNPジェノタイピングの使用は、個別の遺伝子検査から植物や動物のバイオテクノロジーへと急速に成長しています。それは、すべての生物によって明らかにされた遺伝子型と行動の間の相関関係を特定するのに役立ちます。さらに、SNPジェノタイピングは、ヒトゲノムの分類と遺伝性疾患の転移についてのアイデアも提供します。このように、それは病気の関連性と特定の薬に対する個人の反応を予測するので、製薬と医療の分野で大きな価値を獲得しています。従来の時間と労力と費用のかかる検出技術とは異なり、SNP技術は、遺伝子スクリーニングのための非常に効率的で、比較的経済的で、自動化された技術と見なされています。

癌、糖尿病などの不治の病の有病率の増加、動植物の原料における遺伝子分析の需要の高まり、および遺伝学のための民間および公的資金提供プログラムの高可用性は、予測期間中にSNPジェノタイピングと分析市場の成長を推進する主な要因です。国際糖尿病連合(IDF)によると、糖尿病の成人の数は2015年に約4億1500万人と推定され、この数は2030年までに世界で約5億7800万人に増加すると予測されています。同様に、IDFはまた、ヨーロッパの糖尿病患者の数が2010年の約3,300万人から2030年には3,800万人に増加する可能性があると推定しました。これにより、SNPジェノタイピングと分析の需要が加速すると予想されます。したがって、グローバルSNPジェノタイピングと分析市場の成長に貢献します。

しかし、SNPプロセスにおける標準化の欠如とプライバシーの懸念は、2022ー2030年の予測期間中にSNPジェノタイピングと分析市場の成長を妨げる可能性があります。

SNPジェノタイピングと分析市場セグメント

SNPジェノタイピングと分析市場は、製品別(消耗品/試薬、機器、サービス)、技術別(Taqman対立遺伝子識別、マイクロアレイとSNP遺伝子チップ、Sequenom MassARRAY MALDI-TOF、応用バイオサイエンス(AB)SNPlex、SNPパイロシーケンシング、その他)、アプリケーション別(医薬品や薬理ゲノム学、診断研究、繁殖・動物畜産、農業バイオテクノロジー)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

SNPジェノタイピングと分析市場の地域概要

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、致命的な病気の適切な診断と治療に向けた政府の有利な政策、とこの地域における非常に高度な技術の存在に起因しています。一方、アジア太平洋地域のSNPジェノタイピングと分析市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。これは、対象となる病気の発生率の上昇、と中国やインドなどの国での医療施設の拡大によるものです。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

SNPジェノタイピングと分析市場の主要なキープレーヤー

SNPジェノタイピングと分析市場の主要なキープレーヤーには、Sequenom, Inc.、Douglas Scientific LLC、PREMIER Biosoft、Luminex Corp.、Life Technologies Corp.、Fluidigm Corporation、Illumina, Inc.、Affymetrix, Inc.、Promega Corporation、Thermo Fischer Scientific Inc.などがあります。この調査には、SNPジェノタイピングと分析市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-59130

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください