「Fujisawa SST」が本格始動 街を育む中核拠点「Fujisawa SST SQUARE」が完成【動画ニュース】

PR TIMES / 2014年11月29日 10時39分



Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)は、Fujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)の持続的な街の発展とコミュニティ醸成の中核を担う拠点Fujisawa SST SQUAREを本日開業し、グランドオープン式典を挙行しました。Fujisawa SSTは、街を「つくる」から「育む」ステージへと移行し、くらし起点のエコでスマートな街として本格始動します。

▼速報映像:「Fujisawa SST」が本格始動
※日本語字幕をONにしてご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=k6WSXTWJY0Q


街のランドマークとなるFujisawa SST SQUAREは、人々が集う街の総合情報受発信拠点として、タウンマネジメント機能、迎賓機能、コミュニティ醸成機能を持ち、街を「育む」中心的な役割を担います。Fujisawa SST SQUARE内には、Fujisawa SSTマネジメント株式会社(神奈川県藤沢市、代表取締役社長:宮原 智彦)が入居し、エネルギー、セキュリティ、モビリティ、ウェルネス、コミュニティの5つのタウンサービスをパートナー企業と共に提供、また、街全体の環境、エネルギー、安心・安全に関する情報を集約・管理しながら、エコでスマートな街のくらしを支えます。

迎賓やコミュニティ醸成の機能としては、憩いの場であり環境教育やイベントも実施するカフェ&キッチンコーナーと街の魅力を紹介するプレゼンテーションコーナーを併せ持つ「SQUARE Center」、住民参加型ワークショップを展開する食とものづくりの工房「SQUARE Lab」、環境に優しい移動手段を提供する「SQUARE Mobility」等の施設により、Fujisawa SSTに集う人々の交流を育みます。2014年12月月中旬に、Fujisawa SST SQUARE南側に開業予定の文化複合施設「湘南T-SITE」と合わせ、住民のみならず周辺住民や来訪者と共に、人々が集う価値を最大化し、豊かなライフスタイルを育む拠点を目指します。

今回、Fujisawa SSTの新たな展開として、タウンサービスのエコカーシェアリングやレンタカーサービスを活用し、車を所有せずに経済的な負担軽減と敷地の有効活用が可能な戸建住宅のカーフリー街区を、第2期販売区域に設定しました。また、環境に優しい新たな街の物流サービスを提供するため、物流拠点の準備を進めます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング