GMOリサーチ、『加工食品に関する調査』を日本・中国で実施

PR TIMES / 2014年9月29日 14時27分

~中国では「食の情報」への関心が高い~

2014年9月29日
報道関係各位

GMOリサーチ株式会社
==========================================================
『加工食品に関する調査』を日本・中国で実施
~中国では「食の情報」への関心が高い~
==========================================================
GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMO
リサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、
GMOリサーチが保有する日本のモニターと中国の提携モニターを対象に「加工
食品に関する調査」を実施いたしました。
 ●調査テーマ:加工食品に関する調査について
 ●調査地域:日本、中国
 ●調査対象:20~59歳の男女、各国800名ずつ 計1,600名
 ●調査期間:2014年6月30日~2014年7月4日
 ●調査方法:インターネット調査(クローズド調査)

【調査背景】
 昨今、日本では加工食品が生活必需品となっておりますが、最近では単な
る時間短縮の目的ではない商品が増加傾向にある様子が見受けられます。
一方、日本でも加工食品を輸入する中国では、XO醤、豆板醤などの合わせ
調味料が頻繁に利用されているイメージがありますが、「食の安全」をめぐ
る問題がマスメディアに取り沙汰されたことは記憶に新しく、現在の中国に
おける加工食品の利用動向に関心が集まっています。
 そこでGMOリサーチでは、日中両国の加工食品に関する消費者実態を把握す
るため、両国のモニターを対象にインターネットでのアンケートを実施いた
しました。

【調査結果】
----------------------------------------------------------
■各加工食品の利用頻度(図1)
----------------------------------------------------------
・両国における加工食品の位置づけを把握するため、加工食品に属する4種類
 の食品に対して、それぞれ利用頻度を調べた。中国では「ほぼ毎日」と
 回答した数値が、各加工食品で日本より高い結果となり、単に「加工食品
 が生活に溶け込んでいる」だけに留まらず、“加工食品依存”とも捉えら
 れるような頻度で利用しているヘビーユーザーが一定数いることがうかが
 える。
・また、「週に1回以上利用する」と回答した人が最も多い加工食品は、「調
 理済み冷凍食品」(日本:39.9%、中国:64.3%)で、両国とも最も利用
 されていることがわかった。しかし、「ほとんど利用していない、全く利
 用していない」と回答した人は、中国が9.4%なのに比べて日本は31.6%と非
 常に多い結果になった。
・その他の食品における「週に1回以上利用する」と回答した人の割合も「レ
 トルト食品」が日本:24.0%、中国:50.1%、「インスタント食品」が
 日本:29.7%、中国:47.1%、「メニュー専用合わせ調味料」が
 日本:28.9%、中国:53.2%と、それぞれ中国が日本の1.5~2倍の数値と
 なっており、中国では加工食品が生活に溶け込んでいる様子がうかがえる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング