パナソニックが2020年東京オリンピックに向け、日本を一つにするプロジェクト「ビューティフルジャパン」。島根県と鳥取県のジュニアアスリート動画を公開!

PR TIMES / 2014年12月5日 16時35分



パナソニックの「ビューティフルジャパン(Beautiful JAPAN towards 2020)」は、2020年に開催される東京オリンピックを日本全体のオリンピックととらえ、この国の美しさを4Kで撮影し、日本をひとつのチームにする6年越しのプロジェクトです。福島県・静岡県に続き、今回は島根県にある中学校のホッケー部と、鳥取県のトライアスロンチームを訪れました。

スペシャルサイトでは、テレビCMの続きのストーリーや選手のインタビュー映像もお届けしています。
▼島根・ホッケー篇
http://panasonic.jp/olympic/bj2020/shimane.html
▼鳥取・トライアスロン篇
http://panasonic.jp/olympic/bj2020/tottori.html

島根県の奥出雲町は、ホッケーが盛んな町。横田中学校ホッケー部と仁多(にた)中学校ホッケー部は同じ町内にありながら、常に全国のトップを争うライバルです。公式戦はもとより練習試合も真剣勝負。お互いに「負けたくない」から競い合い、どんどん強くなっていきます。ともに夢は全国優勝です。彼らのいきいきとした表情とともに4K映像で描くのは、日御碕(ひのみさき)へ続く尾根と雲海、そしてふるさとの原風景が息づく山王寺(さんのうじ)の棚田です。

▼島根・ホッケー篇 仲間と美しい田園を走る
https://www.youtube.com/watch?v=gXYoIlUqk_k

日本におけるトライアスロン発祥の地である鳥取県。シドニーオリンピック日本代表の小原コーチ率いるTeam EFFORTSに、東京オリンピックを目指すジュニアアスリートたちがいます。たったひとりで「スイム」「バイク」「ラン」をこなさなければならない過酷な競技だからこそ、日々の練習をチームで行い自らの限界を超える訓練をします。スローガンは『努力無限』。そんなチームでの練習風景を、大山をはじめとする山々や、夕日と溶け合う美しい皆生(かいけ)の海とともに4K映像でお送りします。

▼鳥取・トライアスロン篇 皆生の海を泳ぎきる
https://www.youtube.com/watch?v=6gLrNJWPsco


【ビューティフルジャパン(Beautiful JAPAN towards 2020)について】
http://panasonic.jp/olympic/bj2020/
オリンピックのワールドワイド公式パートナーであるパナソニック株式会社は、2020年に開催される東京オリンピックを日本全体のオリンピックととらえ、日本をひとつのチームにする6年にわたるプロジェクト、「ビューティフルジャパン(Beautiful JAPAN towards 2020)」を2014年9月より開始しました。このプロジェクトではオリンピックを目指すジュニアアスリートと彼ら/彼女らを育む日本の風景とともに、挑戦することの大切さ、夢を追うことの素晴らしさ、この国の美しさを発信していきます。プロジェクトのアンバサダーには綾瀬はるかさんを迎え、6年かけて47都道府県を一つひとつ訪ね、若きアスリート達の練習風景やオリンピックにかける熱い思い、彼ら/彼女らを支え応援する人々、そしてその土地の美しさを緻密で鮮やかな4K映像で記録。様々なメディアを通してお届けいたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング