全豪オープンテニス、2回戦に挑む伊藤竜馬に独占インタビュー!明日、男子シングルス2回戦に登場!・・・WOWOWで生中継

PR TIMES / 2013年1月16日 9時26分



オーストラリア・メルボルンで開幕したシーズン最初のグランドスラム「全豪オープンテニス」(WOWOWで1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継)。
大会3日目に行われる男子シングルス2回戦で、第28シードのマルコス・バグダティス(キプロス)と対戦することとなった伊藤竜馬に、WOWOWが現地にて独占インタビューを行った。


Q:凄い試合でしたが、終わった時の率直な感想は?

伊藤:最後に勝つことができて、もう本当に嬉しいという気持ちです。


Q:2セット目まではペースを握って試合ができていたと思いますが、それ以降は足の影響があったのでしょうか?

伊藤:3セット目で終わらせたいという気持ちはあったのですが、足に痙攣が起きてしまって、無理して3セット目を戦うよりも、出来るだけ時間をかけて足を回復させて、ファイナルセットに賭けようと自分の中で決めていました。


Q:最終セットはいきなり相手のサービスをブレイクしました。どんな心境でしたか?

伊藤:今日の相手は昨年対戦した時以上にしつこく、いいプレーをしていたので、早くミスをしてくれという気持ちもありました。


Q:2回戦に向けて手応えを感じた部分は?

伊藤:今日5セットで勝てたというのは大きな自信になりますし、あれだけ粘る選手に打ち勝てたということで、2回戦でもそれを貫いていきたいです。


Q:年末から取り組んでいたトレーニングの成果は見られましたか?

伊藤:これだけやってきたんだからやれる、という気持ちがあったので、ファイナルセットも勝てましたし、そのトレーニングの成果も大きいかなと思います。


Q:2回戦の相手、バグダティスについての印象は?

伊藤:昔から自分もよくテレビで観ていた選手なので、凄い選手というのはもうわかっています。ずっと対戦したいという気持ちもありましたが、対戦するからには勝ちたいという気持ちもありますし、自分が今できることをコートの上で全て出したいと思います。


Q:あれだけ動いて体力もあって、攻撃的なテニスをする選手です。対策は?

伊藤:カウンターも巧いですし、とてもオールラウンドなプレイヤーなので、先に自分から左右に振って、とにかく相手を疲れさせて、最後は自分の持ち味である攻撃力で戦っていきたいです。


Q:2回戦以降に向けて抱負は?

伊藤:今自分にできることを全部出し切ることだけだと思うので、1球、1ポイントを大切に、最初から最後までしっかり戦うだけですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング