変種変量生産向けプロダクションモジュラーの新モデルを受注開始~一貫システムにより多様なモノづくりに対応

PR TIMES / 2014年12月10日 15時42分



パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社は、プリント基板の実装工程において、同一プラットフォームで、電子部品実装、検査、塗布などを行う変種変量生産向けプロダクションモジュラーの新機種NPM-W2(品番:NM-EJM7D)を、2014年12月より受注開始しました。

<商品情報>
▼パナソニック ファクトリーソリューションズ 商品ラインアップ
http://www.panasonic.com/jp/company/pfsc/products.html
▼パナソニック ファクトリーソリューションズ 商品トップページ
http://industrial.panasonic.com/jp/products/product_cat2/CAAH000/CAAH000/

[プレスリリース]変種変量生産向けプロダクションモジュラーの新モデルを受注開始(2014年12月10日)
http://www.panasonic.com/jp/company/pfsc/news/20141210.html

■プロダクションモジュラー NPM-W2の概要
品名/機種名:プロダクションモジュラー/NPM-W2
品番:NM-EJM7D
生産性:77,000cph(※1)
搭載ヘッド:軽量16ノズルヘッド、12ノズルヘッド、8ノズルヘッド、3ノズルヘッド、塗布ヘッド、2D検査ヘッド
対象部品:03015(※2)チップ~L120×W90×T30mm、03015(※2)チップ~L150×W25×T30mm
対象基板:デュアルレーンモード:L50×W50~L750×W260mm、シングルレーンモード:L50×W50~L750×W510mm
受注開始:2014年12月より

各実装工場で生産される実装基板の生産量や使用される基板や部品の種類は多種多様で、個々の実装工場の生産形態や商品の特性に合ったモノづくりへの対応が求められています。この課題解決のためには、ユーザーが多様な機能を自由に組み合わせることにより、それぞれの実装工場のニーズに最適なモノづくりラインを構築でき、生産量の変化に対しても柔軟に対応できることが必要になります。

新型プロダクションモジュラー NPM-W2は、これらの要望に応えるとともに、軽量16ノズルヘッドなどで、生産性と微小チップ部品の実装精度を高めました。また、さらなる機能向上にも取り組んでいます。パナソニックは、実装工程におけるソリューションを提供し続けるとともに、TCO(※3)の削減にも貢献していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング