GMOグローバルサインとセイコーソリューションズ 次世代PDF用電子証明書による「クラウド署名プラットフォーム」構築で協業

PR TIMES / 2014年11月26日 12時51分

~クラウドHSMでセキュアに電子証明書を管理~



2014年11月26日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
=====================================================================
GMOグローバルサインとセイコーソリューションズ
次世代PDF用電子証明書による「クラウド署名プラットフォーム」構築で協業
~クラウドHSMでセキュアに電子証明書を管理~
=====================================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウドの連結会社で、電子認証サービ
スを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎
以下、GMOグローバルサイン)は、セイコーソリューションズ株式会社(代表
取締役社長:山本 隆章 以下、セイコーソリューションズ)と共同で、タイ
ムスタンプと電子署名をクラウド化した「クラウド署名プラットフォーム」
を構築し、2015年3月より電子契約を利用する企業向けに提供いたします。
 「クラウド署名プラットフォーム」は、GMOグローバルサインが開発中の次
世代のPDF用電子証明書とされる「AATL証明書(※1)」の発行サービスを、
セイコーソリューションズが新たに開発した「クラウドHSM(Hardware(ハー
ドウェア) Security(セキュリティ) Module(モジュール))サービス」に組み
込んだサービスです。クラウド上での提供により電子証明書の保管コストを
抑えられるほか、高いセキュリティ環境のもとで電子契約システムが利用で
きます。

※1:AATL(Adobe Approved Trust List)証明書とは、アドビシステムズ社
  が求める要件をクリアした認証局が発行できるPDF文書署名用電子証明書
  で、従来のAdobeCDS(Certified Document Service)証明書の後継として
  位置付けられる。


【「クラウド署名プラットフォーム」構築の背景】
 GMOグローバルサインは、日本国内のSSL サーバ証明書市場においてルート
認証局のシェアNo.1(※2)を獲得しているほか、海外11ヶ国でサービスを展開
し、全世界で2,000万枚超の電子証明書発行実績を持つ電子証明書市場のリー
ディングカンパニーです。2008年からは電子文書の普及を背景に、PDFで作成
した電子文書のなりすましや改ざんを防ぐ電子証明書サービス「PDF文書署名
用証明書 for Adobe CDS」を提供しています。
 一方、セイコーソリューションズは、2001年に時刻認証事業を開始して以
来、標準時刻の配信、正確な時刻の監査・認証を行う各種の機器とサービス
を提供する「サイバータイムビジネス」のリーディングカンパニーです。累
計1,000社以上のお客様に長期署名クラウドサービス「eviDaemon(エビデモン)」
や、タイムスタンプサービスなど、デジタルデータの信頼性を高めるセイコー
デジタルエビデンス・ソリューションを提供しております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング