「2日目もしっかりスコアを伸ばしたい」宮里美香、3アンダー、10位タイで好発進!・・・LPGA女子ゴルフツアー第2戦 ホンダLPGAタイランド第2日目、WOWOWライブにて生中継!

PR TIMES / 2013年2月22日 9時21分

タイのサイアムCCオールドコースで開幕したLPGA女子ゴルフツアー第2戦「ホンダLPGAタイランド」(WOWOWで連日生中継)。今大会は第1戦から出場している上原彩子選手に加え、宮里藍選手や宮里美香選手、上田桃子選手らも今季初出場。2010年に同大会で優勝している宮里藍選手と美香選手が3アンダーの10位タイと好スタートを切った。課題としていたショートゲームをうまく攻略し大会初日を終えた宮里美香選手にWOWOWが独占インタビューを行った。


Q:5年目のシーズンを迎えました。初日を終えての感想は?

宮里:前半は縦の距離感があわなくて、少し戸惑っている部分もありました。なんとかパー4のチップ・イン・バーディをとれたあたりから自分のリズムがだんだん掴めてきました。あとはパッティングのスピードの速さがいまいちだったところが何箇所かあったのですが、その他は全体的によかったと思います。


Q:特に意識してプレーしたことは?

宮里:やはりクラブを変えて初めて臨む試合だったので、今までに比べてアイアンの距離が少し伸びている分、苦労したところもありました。でもボールの勢いは凄く出ていると思うので、そういった意味ではとてもよかったと思います。


Q:今日は蒸し暑い1日でした。コースコンディションについてはどうでした?

宮里:過去4年でもまわっているコースでしたので、ピンポジションもだいたい把握していました。あとはやはりピンにどこまで攻めきれるかという部分が自分にとって重要なポイントだったので、それが今日は少し出来たかなという感じでした。


Q:コースにはバンカーが多いのですが、今日はよくつかまっていました。

宮里:そうですね、一つはオーバーしてのバンカー、あとはショートしてのバンカーでしたけど、サンドセーブは二つできたので自分的には満足しています。


Q:前半はボギーが先行してしまいましたが、スコアを落としてもすぐ取り返す美香プロらしいゴルフでした。

宮里:最初のボギーは5番でしたが、まだ5番ホールの時点だったので、まだまだ残すホール数はあると考えてプレーしていました。


Q:後半に入っても11番でバーディをとって、課題のショートゲームの12番もとりましたね。

宮里:あれは6番アイアンでティーショットを打ったのですが、本当にうまくショットが打てて、すごいスピンもかかって止まったので、ちょうど1メートル半位残してバーディがとれました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング