連続ドラマW「ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち」出演 溝端淳平インタビュー

PR TIMES / 2013年3月23日 10時20分

人気俳優の溝端淳平がスキャンダラスな問題作で連続ドラマWに初出演。
「目をふさぎたくなるような女性の闇。恋愛に楽観的な男性にこそ見てほしい」




 いよいよ23日(土)にスタートする連続ドラマWの新作「ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち」(WOWOWプライム)は、寺島しのぶ演じる婚活詐欺師・恵が複数の男性を殺害した容疑で逮捕され、彼女の抱える闇を、雑誌編集者の万里(木村文乃)とスポーツ紙の記者・健吾(溝端淳平)が追っていくというオリジナルストーリー。女の性(さが)と業(ごう)をスキャンダラスに描く衝撃の問題作だ。

 ドラマW初出演、新聞記者役も初めてという溝端淳平に本作の魅力を聞いた。彼が演じる健吾は恵を“セックス・モンスター”と評した連載を担当し、万里と協力して恵の過去を探るうちに万里との間に男女の感情も生まれる。だが、顔を整形した過去のある万里は、逆に醜く整形して男たちを油断させていた恵のことばかりを執拗に追う。「健吾はなぜ万里を好きになるのか。そこを理解するのが難しかったです。ある意味、女性の汚い部分を目にして、その人間らしさにひかれたのかなと思って演じました」と難しい役作りを振り返った。「健吾は恵にも共感するところがあったんですが、男としては正直、目をふさぎたくなるような女性の闇ですよね。こんな女性が世の中のほとんどだとしたら、もう恋愛したくないなぁとも思いました(笑)」と率直な感想も。恵は得意の料理で家庭的な面をアピールし男性を籠絡していくが、「僕自身は、恵のように献身的な面を見せられると、裏があるんじゃないかって怖くなっちゃいます」と苦笑。自身の女性観にも少し影響があったようだ。

 ロマンスの相手役となる木村文乃とは二度目の共演。「文乃さんも万里という役柄に悩んでいて、ふたりで密に話し合いながら演技を作っていきました。でも、いざラブシーンでは万里の表情が冷たいんですよ。思わず『あー、振られた』と口に出してしまったこともありました(笑)」という裏話も披露。今回、廣木隆一監督(映画『きいろいゾウ』など)の演出を初めて受けたことも大きかったようだ。「監督には演技の正解をすぐに見つけようとせず、時間をかけて悩むことの大切さを教えてもらいました。今までのやり方をゼロにしてイチから学ぶつもりで挑んだ作品なので、ぜひ僕の出番が多くなる第2話以降も見てください」と充実した表情で語っていた。


■放送情報

番組名 : 連続ドラマW「ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち」
放送日時 : 3月23日(土)スタート 毎週土曜日夜10:00~ WOWOWプライム (全4回)
※第1話無料放送
※第1話リピート放送:3月25日(月)夜10:00~ 、 3月30日(土)午前11:00(いずれも無料放送)

■スタッフ・キャスト

出演:寺島しのぶ、木村文乃/溝端淳平/
温水洋一、田山涼成、濱田マリ、洞口依子、
石橋杏奈、野村周平、徳井優、渡辺真起子、
吹越満、村上淳、真野響子、奥田瑛二 ほか

監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦、荒井美早
音楽:世武裕子
プロデュース:喜多麗子 ほか

■特設サイト

http://www.wowow.co.jp/dramaw/sodom/


撮影:中川容邦

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング