電気グルーヴ、5年ぶりの全国ツアーを振り返る。「そのまま楽しんでもらえれば本望です」<「電気グルーヴ ツアーパンダ2013」WOWOWで4月21日オンエア!>

PR TIMES / 2013年4月17日 13時4分

「電気グルーヴ ツアーパンダ2013」4月21日(日)夜 9:00[WOWOWライブ]



1989年のグループ結成以来、日本のエレクトロポップやニューウェーブの代表格として活動を続けてきた電気グルーヴ。約5年ぶりの全国ツアー「ツアーパンダ2013」の最終公演となったZepp DiverCity TOKYOでのライブを4月21日(日)夜9:00~WOWOWライブで放送。即日完売となった熱いステージを余すところなくお届けする。このファン待望のオンエアを前に、WOWOWが電気グルーヴにインタビューを敢行し、ツアーを振り返ってもらった。


──どんなツアーでしたか?

石野卓球 楽しかったですね。

ピエール瀧 うん。

石野卓球 ずーっとふざけてて楽しかった。なんかしらトラブルとかあったりとか一切無くて。

ピエール瀧 なかったですね。

石野卓球 楽しかったですね。

ピエール瀧 延々とふざけてましたね。

石野卓球 うん。逆にふざけてなかった時期がちょっと思い出せないぐらいずっとふざけてました。

ピエール瀧 何をオンエアするのかな。WOWOWはっていう感じですね。

──ステージ以外はどんな雰囲気だったのでしょう?

石野卓球 ステージ以外のほうがよっぽどふざけてます。一応段取りあるからステージは多少真面目でしたね。

ピエール瀧 あはは(笑)。朝起きてからステージをやって、ホテルに帰るまで、一瞬たりともシリアスな瞬間がないです。だからよかったツアーですね。

──反省会などありましたか?

石野卓球 一切ないですね。ツアー終わってから反省会とかやっていたら、意味がないから。反省の余地がないくらいふざけていてよかったと思います。反省してるっていう時点でまだちょっとふざけたりないです。

ピエール瀧 反省してるようじゃまだまだだ。

──ツアーのコンセプトはどんなものだったのでしょうか?

石野卓球 具体的にはないです。アルバムが出たのでそれを中心に据えたものっていうのと、前回5年前のツアーとなるだけかぶらないようにというものでした。これくらい長いことやっていると、前にやったことをすっかり忘れて、まったく同じことをやっていたりすることもあるので、それをなるべく避けること。なので、まず最初は昔のライブDVDなどを観て、この曲をやってるからこれはやめようとかというところから始まりましたね。

ピエール瀧 アルバムが歌もの中心だったので、ライブも歌ものでいこうというのはあったので、インストみたいな曲はほとんどありませんでした。そのおかげで終始出っぱなしということになって、ツアーの初日が終わって、「俺こんなに出るんだ」っていうのが初めてわかりましたね。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング