1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

韓国旅行はまだムリ? それならこの本で行った気になろう! 韓国ドラマの旅を妄想するガイドブック発売

PR TIMES / 2021年9月24日 20時15分

『行った気になれる! 妄想 韓国ドラマ旅』9月25日(土)発売

TOPIX
・あの3大ドラマのロケ地訪問
・ドラマに頻出の韓国ごはんチェック
・渡韓したら買いたい!を計画
・ソウルでやりたいことを妄想する




株式会社主婦の友社は、2021年9月25日(土)に、『行った気になれる! 妄想 韓国ドラマ旅』( https://www.amazon.co.jp/dp/4074491192/)を発売いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-822e6994c7e011925ce6-0.jpg ]


コロナ禍で話題になった3大ドラマ「ヴィンチェンツォ」「愛の不時着」「梨泰院クラス」のロケ地を訪問。いま韓国で行きたいところ、見たいもの、食べたいもの、買いたいものをギュッと詰め込みました。韓国での生活が8年になる著者が、現地のとっておき情報を届けます。韓国ドラマの世界に浸りたい人にうれしい1冊。



ロケ地をじっくり観察できる、周辺カフェの紹介も

「ヴィンチェンツォ」のメイン舞台となった「クムガプラザ」。そのクムガプラザを窓から眺めることができる、おすすめカフェを発見。ヴィンチェンツォが、チャヨンが、入り口に現れるかも!?︎

[画像2: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-1eb50bbd1e6c845f67ec-1.jpg ]

クムガプラザの実際のビルの名前は「世運・清渓商街」。あのパスタ屋や寺院はすべてセットで、電気機器の商店が軒を連ねる秋葉原のようなエリアです。ファンにはうれしいそんな小ネタをたっぷり紹介。ちなみにヴィンチェンツォの自宅は上階にあるアパートで撮られました。



名シーンのロケ地が、意外な場所にひっそりと

下の写真を見てピン!ときた人は、「愛の不時着」を2巡以上しているのでは‥‥

[画像3: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-fd78c13c70a365c4cd62-2.jpg ]


そうです。ジョンヒョクがデパートの入り口でドアマンをしていた、あのシーン。撮影場所はソウル市内ではなく、仁川のロッテ百貨店のGATE7。取材時は、コロナの影響で赤いロープが張られ通行止めになっていました。コロナが落ち着いて、早く扉も開きますように!


マル必のロケ地は予習しておく!

ドラマ放送後はインスタスポットとして人気になったという、あの歩道橋。梨泰院ファンにはたまらない場所です。渡韓した際には外せないと思っている人も多いはず。どんなポーズで写真を撮るか、考えおいてもいいかも。

[画像4: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-b3b728eb8d6a7d1a830b-6.jpg ]




現在のソウルの空気が満載!

あちこちで工事が進んでいるソウル。世界中から韓ドラファンが訪れる日に向けて着々と準備が進んでいる模様です。狎鴎亭駅の地下道で「ヴィンチェンツォ」のPART2をのぞむファン広告を発見!

[画像5: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-5540eef80ebf929d21ec-3.jpg ]



こんなこともしてみたい! 旅を妄想してみる

渡韓したらやりたいことがたくさんあります。ドラマでよく見るシーンを体験してみたいのも、そのひとつ。街中で棒アイスを食べる、公園の運動器具を試す、チムチルバンで羊の頭に挑戦‥‥、どんどん膨らむ妄想をサポートします。韓ドラでテッパンの空港シーンは仁川空港で。


[画像6: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-c6d2f912ca5306825786-4.jpg ]

乗り物ならバスもいいですね。後部座席に座ってソウルの街並みを眺めたい。


[画像7: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-eac17a6ad7d1714e0a73-5.jpg ]

本書に出てくるショップや観光地はすべてマップ付き。渡韓する際にはガイドブックとして活用できます。オールカラーの電子版もおすすめです!

Contents
PART1 3大ロケ地巡り
PART2 あれが食べたい!
PART3 ソウル街歩き&よくあるロケ地
PART4 あれが買いたい!
PART5 妄想 ソウル旅


著者プロフィール

鈴木ちひろ(すずきちひろ)
ライター&エディター。日本の出版社で編集者を務めたのち、旅行で30回以上訪れていた韓国に語学留学。その際に建築関係の仕事をする韓国人の夫と出会い、結婚。韓国での生活は8年になる。日本の雑誌などに韓国のショップやライフスタイルを中心に取材・執筆。韓国人俳優のインタビューなども行う。好きな俳優はインタビュー時、あまりの好青年で心奪われたユン・シユン。著書に『歩いてまわる小さなソウル』(大和書房)。2人の男の子のママ。韓国在住。


書誌情報


[画像8: https://prtimes.jp/i/2372/1726/resize/d2372-1726-822e6994c7e011925ce6-0.jpg ]


タイトル:行った気になれる! 妄想韓国ドラマ旅
著者:鈴木ちひろ
定価:1,595円(税込)
判型、ページ数:A5判、128ページ
出版社:主婦の友社
ISBN:978-4-07-449119-3
電子書籍(オールカラー版)あり
【Amazon】 https://www.amazon.co.jp/dp/4074491192/



本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先

【主婦の友社広報窓口】株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
pr★c-pub.co.jp(★は@に変換してお送りください)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング