人気作家の小説が「読めば読むほど、無料で読める」「LINEノベル」アプリが本日スタート

PR TIMES / 2019年8月6日 5時40分

「文芸」と「ライトノベル」の好みのジャンルに出し分け、作品は横書きで掲載
出版社の人気作品から投稿作品まで、多彩な作品との出会いを提供



LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、小説プラットフォーム「LINEノベル」において、様々な人気小説や投稿作品を読むことができる「LINEノベル」アプリを本日より提供開始しましたので、お知らせいたします。※iOSアプリの先行配信

[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/1734/resize/d1594-1734-828166-1.png ]

「LINEノベル」アプリ ダウンロードURL: https://lin.ee/8kHXPh6/kygb/release

「LINEノベル」は、自由に小説の投稿ができることはもちろん、既刊の人気作品やオリジナル作品など、様々なカテゴリの作品を読むことができる小説プラットフォームです。2019年4月16日に「LINEノベル」の概要を初公開し、新たなレーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』や才能の共有・発掘を行う取り組み「あたらしい出版のカタチ」を発表、アプリの公開に先立ち、投稿機能を先行して公開いたしました。

そして、本日より様々な人気小説や投稿作品を読むことができる「LINEノベル」アプリをApp Storeにて先行配信いたします。なお、Android用アプリはGoogle Playにて事前登録を開始しており、配信は9月頃を予定しております。
「LINEノベル」は今までにない小説プラットフォームとして、現代のライフスタイルに合わせて従来の読書の形を最適化し、小説の価値や楽しさを知る機会の演出や小説と触れ合う時間を増やし読書を無理なく習慣化させるために様々なシステムを提供します。

■TOPページで好みのジャンルに出し分け、作品は横書きで掲載
「LINEノベル」アプリは、出版社が提供する人気作品や「LINEノベル」のレーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』のオリジナル作品など、多彩な作品が掲載されております*1。多数の作品の中からユーザーの好みに合わせた作品に出会えるよう、トップページを「文芸」と「ライトノベル」のジャンルでの出し分けるように設定しております。
また、スマートフォンでの快適な読書を実現するため、全ての作品は横書きで掲載しており、気軽に読書ができるよう1冊の作品を複数の話数で区切り、1話を約2000~3000文字を目安に収めることで、スキマ時間で無理なく読書をお楽しみいただけるように作品を掲載しております。
*1:「LINEノベル」アプリに掲載される作品は約200作品(投稿作品を除く)。作品一覧は別紙を参照のこと。

■「読めば読むほど、無料」システムで読書を習慣化
小説と触れ合う機会を増やし、読書を習慣化させることを目的とした「読めば読むほど、無料で読める」システムを導入しております。
「LINEノベル」アプリでは、全作品(投稿作品は除く)が1話から3話が無料で公開されており、4話以降は1話20コイン(1コイン=1円)で購入、もしくは、無料チケットを使用することで読み進めることができます。無料チケットは、「LINEノベル」の作品を読んだ合計の読書時間に応じて配布され、「読めば読むほど、無料」となります。毎週月曜日から日曜日の間に作品を読んだ合計時間が読書時間としてカウントされ、読書時間が長ければ長いほどチケットの獲得枚数が増え、無料で読める話数を増やすことができます。
読書時間と獲得した無料チケットは、読書時間のカウントを始めてから1週間でリセットされ、新たに読書時間のカウントと無料チケットの配布が始まります。このような繰り返し読書させるシステムを提供することにより、読書の習慣化を作ってまいります。
※無料チケットは1作品につき1日3枚まで使用可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/1734/resize/d1594-1734-984098-0.png ]


【「LINEノベル」 について】
新レーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』を創刊し、「原田マハ」「中村航」「鎌池和馬」など多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も掲載すると共に、宮部みゆきの「小暮写眞館」(新潮文庫nex)や川原礫の「ソードアート・オンライン」(電撃文庫)など、参画する出版社から提供される既存の人気作品や一般ユーザーによる投稿作品も読むことができる、出版社の枠組みを超えた新しいサービスです。さらに、新たな才能の共有・発掘を行う「あたらしい出版のカタチ」にも取り組んでおり、書き手が活躍できる場も提供いたします。

・「あたらしい出版のカタチ」について
「あたらしい出版のカタチ」とは、従来の出版業界の枠組みである『投稿作の独占出版』を行わず、参画しているすべての出版社で新たな才能の共有・発掘を行う「LINEノベル」の取り組みとなり、投稿者は自らの可能性を最大限に活かせるパートナーと出会うことができます。
「LINEノベル」に参画している出版社は、投稿者へ「書籍化」のオファーを出すことができます。オファーを受けた投稿者の情報はすぐさま参画しているすべての出版社に共有され、他の出版社もその投稿者へオファーを出すか出さないかを選択することができます。そのため、投稿者は各社からのオファー条件を踏まえて「書籍化」する出版社を決定することができます。

【参画出版社(レーベル)】(五十音順)
株式会社KADOKAWA 株式会社河出書房新社 株式会社講談社 株式会社実業之日本社 株式会社集英社 株式会社新潮社 スターツ出版株式会社 株式会社双葉社 株式会社宝島社 株式会社東京創元社 株式会社文藝春秋 株式会社ポプラ社

・レーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』について
株式会社ストレートエッジの三木一馬氏を統括編集長に迎え、新レーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』を創刊。「LINEノベル」に掲載されているオリジナル作品から毎月最大10作品ずつ書籍化し、毎月5日頃に発売いたします。2019年8月5日には第1弾として『LINE文庫』から5作品、『LINE文庫エッジ』から4作品の合計9作品を刊行しております。
※詳細は https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2815 を参照


「LINEノベル」は、これまでのノベル業界に変革を起こすとともに、多くの出版社とともに業界をさらに盛り上げ、想像力を育み、感性を豊かにする文学という分野において「新しい文化」の創造にチャレンジいたします。

■「LINEノベル」 サービス概要
アプリ名称:LINEノベル
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2019年8月5日
価格:無料(アイテム課金)

ダウンロードURL: https://lin.ee/8kHXPh6/kygb/release

公式サイト: https://novel.line.me/
「LINEノベル」Twitter: https://twitter.com/novel_LINE_jp
「LINE文庫」Twitter: https://twitter.com/linebook_jp
LINE公式アカウント: LINE ID:@linenovel
公式ブログ: http://novel-blog.line.me/

【アプリ配信時「LINEノベル」公式作家一覧】(五十音順) ※作者名は敬称略
・単行本
中村航 原田マハ

・LINE文庫
相沢沙呼 蒼空チョコ 日日日 天乃聖樹 筏田かつら 石田空 和泉桂 いぬじゅん 井上悠宇 岩城裕明 内田裕基 遠藤遼 鳳乃一真 おかざき登 小椋正雪 神野オキナ 木緒なち 切符 喜友名トト ごとうしのぶ 後藤リウ
篠原まこと しめさば shachi 十文字青 瀬川コウ 蝉川夏哉 田尾典丈 高野小鹿 喬林知 竹井10日 月夜涙 辻堂ゆめ つるみ犬丸 手島史詞 豊田巧 永川成基 中山茂大 七烏未奏 仁木英之 西村悠 氷川一歩 二宮敦人 ニリツ 原田まりる наяч 半田畔 堀内公太郎 堀川アサコ 真楠ヨウ 真鍋卓 みうらまき(三浦マキ) 三國青葉 三雲岳斗 水沢あきと みなづき未来 ゆうきりん ゆずはらとしゆき

・LINE文庫エッジ
逢空万太 アサウラ 天酒之瓢 阿羅本景 大泉貴 春日みかげ 鎌池和馬 空伏空人 九曜 K.バッジョ
サイトウケンジ 榊一郎 更伊俊介 秋堂カオル 白沢戌亥 涼暮皐 瀬尾順 蝉丸P SOW 高橋徹 たきもとまさし 丈月城 橘ぱん 棚花尋平 田中ロミオ 津田彷徨 寺田とものり 都乃河勇人 虎虎 波摘 望公太 翅田大介
春原ロビンソン 氷純 舞 三門鉄狼 みかみてれん 三河ごーすと 箕崎准 三嶋与夢 実弥島巧 森田季節 錬金王


※Android、Google Playは、Google LLCの商標または登録商標です。
※iPhone、iTunes、iOSおよびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング