1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の免疫タンパク質診断検査市場ータイプ別(C反応性タンパク質診断テスト、補体システムタンパク質診断テスト、など)、アプリケーション別(自己免疫検査、感染症検査)、技術別、地域別ー予測2030年

PR TIMES / 2022年1月14日 18時45分

SDKI Inc.は、世界の免疫タンパク質診断検査市場の新レポートを2022年01月14日に発刊しました。この調査には、免疫タンパク質診断検査市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-59001



免疫タンパク質診断検査市場は、2022年に114.8億米ドルの市場価値から、2030年までに179.6億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に6.6%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1739/resize/d72515-1739-537a672a0ccfc3d87eb8-0.png ]

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/global-immune-protein-diagnostic-testing-market/258

免疫タンパク質診断検査は、プレアルブミン、免疫グロブリンなどの体内の免疫タンパク質のレベルを検出します。糖尿病、心臓病、関節炎、腎臓病などの感染症および慢性疾患の発生率と有病率の増加、老人人口の増加、および早期診断サービスの需要の増加は、予測期間中に免疫タンパク質診断検査市場の成長を推進する主要な要因です。AgeingAsia.orgによると、2019年の60歳以上の人口は11,988,000人であり、2050年には29,841,000人の増加が見込まれています。また、60歳以上の人口の合計割合は2019年には12.3%であり、2050年には27.2%増加すると予想されています。

また、Statistaによると、2018年のアメリカの老人人口(65歳以上)は16%であり、2050年にはアメリカの老人人口の22%増加すると予想されています。2019年に糖尿病に苦しんでいる世界の成人人口は約9.3%であり、2045年には11%増加すると予想されています。さらに、国連経済社会局によると、2019年の世界の65歳以上の人口は7億300万人であり、2050年には2倍の15億人になると予測されています。しかし、厳しい規制は、予測期間中に世界の免疫タンパク質診断検査市場の成長を抑制する可能性があります。

免疫タンパク質診断検査市場セグメント

免疫タンパク質診断検査市場は、タイプ別(C反応性タンパク質診断テスト、補体システムタンパク質診断テスト、プレアルブミン診断テスト、ハプトグロビン診断テスト、免疫グロブリン診断テスト、および遊離軽鎖診断テスト)、アプリケーション別(自己免疫検査、感染症検査、アレルギー検査、内分泌検査、腫瘍学検査、毒性検査)、技術別(ラジオイムノアッセイ、免疫濁度アッセイ、免疫タンパク質電気泳動、酵素結合免疫吸着アッセイなど)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

免疫タンパク質診断検査市場の地域概要

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、慢性疾患を検出するための迅速な診断サービスに対する需要の増加、と予防医療の継続的な傾向に起因しています。さらに、薬物乱用やアレルギーの症例数の増加もこの地域の免疫タンパク質診断検査市場の成長に貢献しています。一方、アジア太平洋地域の免疫タンパク質診断検査市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。慢性疾患に苦しむ患者数の増加、と地域の医療施設の改善は、この地域の免疫タンパク質診断検査市場の成長を推進する主な要因です。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

免疫タンパク質診断検査市場の主要なキープレーヤー

免疫タンパク質診断検査市場の主要なキープレーヤーには、Abbott Laboratories、Abcam PLC、Bio-Rad Laboratories、Danaher Corporation、Diasorin, Enzo Life Sciences、Ortho Clinical Diagnostics、Roche Diagnostics、Siemens Healthcare、Thermo Fisher Scientificなどがあります。この調査には、免疫タンパク質診断検査市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-59001

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください