【WOWOW】連続ドラマW「LINK」に実力派若手俳優 瀬戸康史 出演決定 !!

PR TIMES / 2013年8月24日 10時31分

豪華キャストが集結した連続ドラマW「LINK」(10月6日スタート)の最終キャストを発表!



その時、運命はつながった―物語が次々と連鎖し、壮大な群像劇へ発展するヒューマンミステリー。5年ぶりの連続ドラマW 出演となる大森南朋をはじめ、豪華キャストが集結!
WOWOWで10月6日(日)夜10:00~放送スタートする連続ドラマW「LINK」に、映画『貞子3D2』や、秋以降には2作の主演映画の公開を控えるなど今、勢いのある実力派若手俳優・瀬戸康史の出演が決定した。瀬戸はドラマW初出演となる。演じる役柄は、爆破事件の犯人・青柳朋也。出演が決まった瀬戸のコメントは以下の通り。


【瀬戸康史コメント】
脚本の篠崎さんとご一緒させていただくのは3回目で、大変嬉しく思います。篠崎さんが生み 出す登場人物達には、どの役をピックアップしても1つの作品が出来るくらいの存在感と、ドラマが詰まっているので、作品や役者に対してすごく愛情のある方だというのが印象的です。今 回僕が演じる青柳は、心に闇を抱え、世の中に反発することで自分の存在を確認している青年です。 かなり繊細な芝居が必要なので、1セリフ、1シーン魂込めて演じるよう心掛けています。 そういった点で、以前からご一緒したいと切望していた深川監督の優しい笑顔と役者に対しての親切で的確なアドバイスにかなり助けられています。 お芝居やってて楽しいですし、個性豊かな共演者の方々の中で素晴らしい作品に仕上がる事を確信しています。

【プロフィール】1988年、福岡県出身。2005年俳優デビュー。TVドラマ「仮面ライダーキバ」(EX 2008)、 「恋空」 (TBS 2008)で同時期に主演を務め一躍人気を博す。その後も「タンブリング」(TB S 2010)、「江~姫達の戦国~」(NHK 20 11)、「ティーンコート」(NTV 2012)、「TOKY Oエアポート~東京空港管制保安部~(CX 2012)と出演が続く。本年4月には舞台「八犬伝」に出演、そ の演技が好評を得た。現在NTVドラマ「斉藤さん2」にレギュラー出演中。また、出演映画「貞子3D2」(英勉監督)が8月30日に公開。11月8日には主演映画「JUDGE」(古波津 陽監督)が公開予定、来年春には主演映画「僕は友達が少ない」(及川拓監督)と主演 作がつづく。篠崎絵里子氏脚本ドラマは「胡桃の部屋」(NHK 2011)・「眠れる森の熟女」(NHK 2012)に続き、三作目となる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング