1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アフガニスタン:不発弾の爆発で子ども6人死亡~子どもの紛争関連死は半年で460人以上【プレスリリース】

PR TIMES / 2021年11月5日 17時15分



[画像: https://prtimes.jp/i/5176/1838/resize/d5176-1838-bc0334fdb02dd9f9cf0a-0.jpg ]

【2021年11月4日 カブール(アフガニスタン) 発】

アフガニスタンにおいて、子どもが爆発物の被害に遭ったことを受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長のヘンリエッタ・フォアは以下の声明を発表し、爆発性戦争残存物の子どもへのリスクについて警鐘を鳴らしました。

* * *

11月3日朝、アフガニスタン北部のクンドゥズで、家の中で爆発物が爆発し、女の子4人と男の子2人を含む家族9人が死亡したと報告されました。他に3人の子どもが負傷しました。

報告によると、子どものひとりが、家の隣の畑で不発弾を見つけ、知らずに家の中に持ち帰ったとのことです。

子どもたちは特に爆発性戦争残存物の被害に遭いやすいのです。子どもたちは、爆発物を見分けることができないため、爆発物で遊んでしまったり、わずかな収入を得るために爆発物を利用しようとしたりすることが多く、彼らとその家族を大きな危険に晒してしまいます。

今回の事件は、爆発物や戦争残存物を取り除き、それらの危険性に対する地域社会の危機感を高めることが緊急に必要であることを示しています。

子どもたちの死亡者数の増加は、子どもたちが自分たちの責任ではない紛争の代償を払い続けていることを、如実に示しています。今年に入ってから最初の6カ月間で、460人以上の子どもたちが紛争の影響で死亡しました。これは、国連が確認できた死亡者数のみです。

ユニセフは、すべての関係者に対し、子どもや市民を守るためにあらゆる努力をするよう求めています。あらゆる状況において、子どもたちの安全と保護を第一に考えなければなりません。

* * *

ユニセフ「人道危機緊急募金」ご協力のお願い
世界中で起きている紛争や武力衝突、感染症の流行など人道危機に苦しむ子どもたちのために、ユニセフは緊急支援を行っています。その活動を支えるため、(公財)日本ユニセフ協会は、ユニセフ「人道危機緊急募金」を受け付けております。アフガニスタンの子どもたちを含む、最も支援を必要としている子どもたちとその家族に支援を届けるために、ご協力をお願い申し上げます。

1. クレジットカード/コンビニ/ネットバンクから
  https://www.unicef.or.jp/kinkyu/humanity/2008.htm

2. 郵便局(ゆうちょ銀行)から
振替口座:00190-5-31000/口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「人道危機」と明記願います。
*窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

※ 公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、所得税、相続税、法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、個人住民税の寄付金控除の対象となります。

* * *

■ ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。 https://www.unicef.or.jp/
※ ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する33の国と地域を含みます
※ ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■ 日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国33の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 https://www.unicef.or.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください