国内外の豪華アーティストが集結した「SONICMANIA 2013」「SUMMER SONIC 2013」。 3日間にわたる熱いステージをWOWOWで一挙オンエア!

PR TIMES / 2013年9月3日 10時20分



 
世界有数の規模を誇る大型音楽フェス「SUMMER SONIC」。今年は8月10日、11日に東京・大阪で同時開催され、前夜に開催されたオールナイト・フェス「SONICMANIA」と合わせると26万人という過去最高の観客を動員した。WOWOWでは千葉・QVCマリンフィールド&幕張メッセで行われた東京公演の模様をオンエアする。

今年はメインステージに両日ともにヘッドライナー級のアーティストが2組登場。1日目はMETALLICA、LINKIN PARK、2日目はMUSE、Mr.Childrenという“ダブルヘッドライナー”が大きな話題に。ふり幅の広いラインナップを誇る“サマソニ”史上、最強のラインナップが実現した。

1日目のメインステージ(QVCマリンフィールド)はラウド系の強者たちが登場!英国ウエールズ出身・BULLET FOR MY VALENTINEのメタリックな速弾きギタープレイ&サウンドにはアリーナから一斉に雄叫びと拳が上がる。日本勢ではONE OK ROCK。カリスマ性を感じさせるTakaのボーカルにエモーショナルかつ力強いバンドサウンドは、勢いにのる彼ららしい充実したパフォーマンスとなった。 約4年ぶりに活動を再開したFALL OUT BOYも目玉のひとつだ。「Phoenix」や「Alone Together」などで一体感を作り出す演奏はさすが!日本での見事な復活ステージとなったようだ。

大歓声の中、登場したのはLINKIN PARKだ。常に進化するサウンドでシーンを切り開いてきたバンドが鳴らす重厚なサウンドは圧巻。「Given Up」「Lost in the Echo」「Burn It Down」などを演奏し、Mikeのラップ、Chesterのシャウトに皆が熱狂した。
大トリはヘビー・ロック界のゴッド、METALLICA。体にズシリと響く鉄壁のサウンドは問答無用のド迫力。観客の興奮も凄まじく、コール&レスポンスはスタジアムを揺るがすかのよう。正に、王者の貫録を見せつけてくれた。

幕張メッセの各ステージでも熱演が繰り広げられた。UK勢では大型新人、JAKE BUGGが注目の的に。“ボブ・ディランの再来”と称賛される19歳のシンガー・ソングライターだ。ブルージーな歌声とギターにより独自の世界観を作りあげる演奏には大物の予感アリ。英国の国民的バンド、STEREOPHONICSも登場。メロディアスな楽曲で多くのファンに愛されている彼らは、安定した演奏でその魅力を聴く者にしっかりと届けていた。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング