タワーズレストラン「クーカーニョ」 リニューアル 9月19日(木)竣工 9月20日(金)ランチタイムよりリニューアルオープン

PR TIMES / 2019年8月22日 17時40分

料理、演出、空間で感じる南フランスの香り。都会の中に息づく真のプロヴァンス料理店をめざして。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5113/1871/resize/d5113-1871-447247-0.jpg ]



詳細はこちら https://www.tokyuhotels.co.jp/cerulean-h/restaurant/coucagno/index.html

セルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区、総支配人:宮島芳明)ではタワーズレストラン「クーカーニョ」の改装工事を行い、2019年9月20日(金)ランチタイム11:30~、リニューアルオープンいたします。

タワーズレストラン「クーカーニョ」は開業以来18年間、ホテルのメインダイニングとして、フランス料理の中でも季節のプロヴァンス料理にフィーチャーした料理を最上階からの眺望と共にお楽しみいただけるレストランとして親しまれてまいりました。この度、2019年、2020年に開催される国際的なスポーツイベントや渋谷再開発向けて国内外のVIPの受け入れや、ビジネス関連の会食、プライベート利用でのニーズやトレンドに対してきめ細やかな対応を可能にすべく全面リニューアルを実施いたします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5113/1871/resize/d5113-1871-273341-1.jpg ]



デザイン面では、これまでのメインテーマであるプロヴァンス料理を踏襲し、その空気感をより深く、肌で感じていただける印象にリニューアルいたします。南仏の石畳の要素や木材、塗り壁など温かな質感をとりいれ、カウンター、ホール、個室の、各々ゾーン毎に世界中の富裕層がヴァカンスとして訪れる南フランスの優雅な趣を再現いたします。ホール席の中央にサービスステーションを新たに新設。料理のデクパージュやワインのデキャンタージュ(※1)など魅せる演出を取り入れることで、臨場感あふれるおもてなしを展開してまいります。個室(2室)は、よりプライベート感を保つことが出来る空間設計とし、主にサービス導線を整えることで、ご商談やご家族の大切なお集まりが和やかでスムーズに運ぶ部屋へとリニューアルいたします。エントランスバーは落ち着きのある設えを施し、食前、食後にお酒や小菓子と共に過ごすかけがえのない時間を共有する場所として機能向上を図ってまいります。

また今回の改装を機に、メニュー内容もバージョンアップ。リニューアル後には記念コースのご提供も展開いたします。フランス料理の伝統的な演出はもとより、斬新な料理とおもてなしを随所に取り入れ、「美味しく楽しくまた来たくなる」レストランをめざしてまいります。


改装概要

■主な改装: 店内(エントランスカウンター・ホール・個室2室)、サービス導線、FFE更新(椅子・テーブル)
■フ ロ ア:40F
■面 積:区画の変更はなし 301.6平方メートル (客席)
■席 数:58席(改装前 68席) ホール席26席、個室(2室) 20席、カウンター 12席
■工 期:2019年8月18日(日)~9月19日(木)
■竣 工:2019年9月19日(木)予定
■営業開始:2019年9月20日(金)11:30(ランチタイム)よりオープン
■総 工 費:約1億2千万円
■設計・施行: <デザイン会社>A.N.D. <施行>株式会社乃村工藝社
■デザイナー:小坂竜(こさか・りゅう)
■お問い合わせ:03-3476-3404(クーカーニョ直通)
https://www.tokyuhotels.co.jp/cerulean-h/restaurant/coucagno/index.html

※1 デクパージュ(découpage:仏語) 切り分けること。特に、サービスの段階で、客の目の前で肉や魚、
   菓子などを切り分けることを言う。
   デキャンタージュ(décantage:仏語)ワインをデキャンタと呼ばれるガラス容器(ステンレス製のタイプ
   などもある)に移す作業のことです。


リニューアルオープン記念コース

リニューアルオープンを記念したスペシャルコース。新しく生まれ変わった新生クーカーニョの空間にてお料理とおもてなしをお楽しみください。

■ディナーコース(全7品) 1名さま14,300円(9月30日まで16,988円/10月1日~17,303円)

※表示の料金は本体価格とし、カッコ(  )内は消費税、サービス料を含んだ総額表示となります。


デザイナー


株式会社乃村工藝社 A.N.D.クリエイティブディレクター  小坂 竜氏
[画像3: https://prtimes.jp/i/5113/1871/resize/d5113-1871-444424-2.jpg ]


『プロヴァンスの柔らかで上質な空気感』

空間を織りなす一つ一つの素材感を大切にし
自然素材の生みだす柔らかな表情と力強さを空間に取り入れ
上質でありながら親しみを感じる
プロヴァンスに漂う温かで柔らかな空気感を創りだしました。

表情のある石と左官による壁や、自然の耳を残した無垢材の天板など、
本物の素材感が空間に温かみと上質さを生み出します。

新たに中央に象徴的に配した大きなサービスカウンターにより、
洗練されたサービスを今まで以上にお客様に身近に感じて頂ける事ができる、
洗練されたレストランを目指しました。

【プロフィール】
1960年東京生まれ。「マンダリンオリエンタル東京」のメインダイニング、羽田空港JAL国際線「サクララウンジ」他、国内外の話題のレストラン、ホテル等の空間デザインをてがけ世界的なデザインアワードでの受賞も多数。2018年当ホテル、タワーズバー「ベロビスト」の改装を手掛ける。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング