デジタルハリウッド主催による【近未来教育フォーラム -Raise Our Flag- 】オンライン開催|ゲストに『WIRED』日本版 編集長・松島倫明氏

PR TIMES / 2021年2月10日 17時45分

デジタルハリウッドの教育デザイン・コンセプトを解説|日時 2021年3月12日(金)20:00~21:30



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO吉村毅、学長 杉山知之)は、『近未来教育フォーラム –Raise Our Flag-』と題し、デジタルハリウッドの各事業を貫く教育コンセプトの解説を行うオンラインイベントを3月12日(金)に開催いたします。トークセッションのゲストには『WIRED』日本版 編集長の松島倫明氏をお迎えし、未来へ向けて一歩進んだ対話に臨みます。

 学校・企業の教育関係者、デジタルコミュニケーション領域の実務家・研究者、学生・保護者の方々に広くご参加いただければ幸いです。

[画像1: https://prtimes.jp/i/496/1909/resize/d496-1909-959653-0.jpg ]


【近未来教育フォーラム-Raise Our Flag- 開催概要】

[画像2: https://prtimes.jp/i/496/1909/resize/d496-1909-731784-3.jpg ]


日 時 :2021年3月12日(金)20:00~21:30 (開場19:50)

開催形式:オンライン開催(Zoomウェビナー形式を予定)
     Peatixより事前予約いただいた方に配信URLをお伝えします

内容:第1部 講演「教育のリデザイン 5つのコンセプト」
   第2部 トークセッション「Re-Designing the Future 」
  (『WIRED』日本版 編集長 松島倫明氏/デジタルハリウッド大学 学長 杉山知之)

参加費 :無料

主 催 :デジタルハリウッド株式会社

申込み : https://forum20210312.peatix.com

申込期限:開始10分前まで


【トークセッション ゲスト】

松島倫明(まつしま みちあき)氏
『WIRED』日本版 編集長

[画像3: https://prtimes.jp/i/496/1909/resize/d496-1909-240127-4.jpg ]


プロフィール:
未来をプロトタイプするメディア『WIRED』の日本版編集長としてWebメディア/WIREDの実験区"SZメンバーシップ"/雑誌(最新号VOL.39特集「THE WORLD IN 2021」/WIREDカンファレンス/Sci-Fiプロトタイピング研究所/WIRED特区などを手掛ける。NHK出版学芸図書編集部編集長を経て2018年より現職。
訳書に『ノヴァセン』(ジェームズ・ラヴロック)がある。
東京都出身、鎌倉在住。


【近未来教育フォーラムとは】

趣旨:

近未来教育フォーラムは、人間の文化と生活に関連する大きな変化と潮流を見据え、その基盤としてのデジタルコミュニケーション領域における先端的な知見と、真理の探究や人間の拡張にのぞむ深い智慧への接続を試みる場です。ここで得られた知見と智慧を踏まえて行う対話を通じて、近未来に向けて私たちが取り組むべき教育実践のアップデートを行います。

第11回目となる今回は、「Raise Our Flag」と題し、デジタルハリウッドが提供する教育のリデザイン・コンセプトを解説することを通して、近未来の教育のあり方・手法について考えます。

過去の開催テーマと主なゲスト:

https://www.dhw.co.jp/forum/


2019 「In Real Time」 白井暁彦氏
2018 「The ART into Future」 布施英利氏
2017 「Augmented Human-人間拡張への序曲-」 稲見昌彦氏
2016 「Daily Life with Super Technologies」  山海嘉之氏
2015 「powered by AI -人工知能がドライブする人間社会-」 中山五輪男氏
2014 「Life In DATA」 橋本大也氏
2013 「Programmable Worldの時代 ~変革する人材育成~」 坂村健氏
2012 「デジタルコミュニケーションで加速するオープンエデュケーションによる教育革命」 飯吉透氏
2011 「つくってる?みらい」田坂広志氏
2010 「Exploring New Education in Digital」 宋文州氏



【キービジュアル紹介】

[画像4: https://prtimes.jp/i/496/1909/resize/d496-1909-872533-2.jpg ]


原画:中村峻介氏 「神話の海獣」(油絵・60号)より

デザイン制作:村上喜美氏

原画は2月12日より銀座で開催される中村峻介氏の個展にて展示されます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/496/1909/resize/d496-1909-794255-1.jpg ]




『鏡廻 - 中村峻介 作品展 -』
会期:2021年2月12日(金)~2月21日(日)
時間:土日 10:00-18:00、月~金 12:00-20:00
料金:無料
会場:SPACE TGC 銀座
詳細: https://nakamurashunsuke.com/kyokai/



【デジタルハリウッド株式会社】

http://www.dhw.co.jp/

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像について学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。2004年には、日本初となる株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌年4月には「デジタルハリウッド大学」を開学。

設立以来、9万人以上の卒業生を輩出している。

さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。デジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。2019年に設立25周年を迎える。

また、デジタルハリウッドは各スクール、大学および大学院の卒業生を対象に、起業を支援するためのインキュベート機関として、『D ROCKETS』を2016年6月に設立。

起業家とエンジニアの化学反応を引き起こし、「セカイを変えるようなWebサービスを日本から産み出す」ことを目指す。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング