国際共同制作ドキュメンタリー「Cameron Carpenter: The Rebirth of Majesty(原題)」制作決定!

PR TIMES / 2013年11月7日 16時39分

 当社は、国際共同制作作品として、若き天才オルガン奏者キャメロン・カーペンターに迫るドキュメンタリー「Cameron Carpenter: The Rebirth of Majesty(原題)」の制作を決定いたしました。
 本作は、ドイツ・ベルリンに拠点を置くBoomtown MediaおよびSony Classicalと共に制作し、放送局としてはWOWOW、ARTE(フランス)、ZDF(ドイツ)が参加しています。
 キャメロン・カーペンターは、1981年アメリカ・ペンシルベニア州生まれのオルガン奏者で、幼少期から類稀なる音楽の才能を発揮し、2006年にジュリアード音楽院の修士号を取得。同年のワールドツアーでは、独自の奏法やファッションなど従来のオルガンの概念を大きく覆すパフォーマンスを披露し、世界を驚嘆させました。そして、2008年にリリースしたファーストアルバム「Revolutionary」で、オルガニストとして初めてグラミー賞のソロ・アルバム部門にノミネートされるなど高い評価を受けています。
 本作は、長い歴史を持つオルガンの常識を次々と塗り替えて新時代を切り拓く、革命的な存在である彼の実像を描き出します。完成は2014年の春を予定しており、WOWOWでの放送時期については決定次第発表いたします。
 当社は、中期経営計画におけるコンテンツ戦略の一つの柱として国際共同制作体制の構築を掲げており、本作の制作は、その戦略に則った取り組みです。
 今後ともWOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、視聴者の皆様に上質なエンターテインメントをお届けしていきます。


【お問い合わせ先】

(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング