1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

和楽器の新星、箏アーティストLEO、世界初演コンチェルトを収録した最新アルバムが本日発売!発売記念企画として、コンサート映像などを本日より公開!

PR TIMES / 2021年9月29日 21時15分



[画像1: https://prtimes.jp/i/19470/1948/resize/d19470-1948-5f78aa879fd60101a46d-0.jpg ]


 今、多方面から注目を集める箏アーティストLEOの最新アルバム「藤倉大:箏協奏曲」が本日発売された。
 LEOは日米にルーツを持つ23歳の箏曲家で、「情熱大陸」「徹子の部屋」「題名のない音楽会」などメディアにも多数登場し、また、国内主要オーケストラとの共演を重ねるなど、実力とスター性を兼ね備えた存在として、邦楽界に留まらない躍進を続けている。
 本日発売された最新アルバムでは、LEOがイギリス在住の作曲家・藤倉大に自ら委嘱した「箏協奏曲」を収録。今年4月に鈴木優人指揮・読売日本交響楽団との共演で、サントリーホールにて世界初演された模様が収められている。これまでの箏のイメージを覆すような、超絶技巧とグルーヴ感が発揮される協奏曲となっており、今年7月には早くも再演された話題の楽曲だ。アルバムには同じく藤倉作曲による箏ソロ作品3曲も収録されており、箏の新たな魅力を発見する1枚となっている。
 LEOは10月22日に紀尾井ホールでの初リサイタルを控えており、同公演では「箏協奏曲」の室内楽版が初演されるほか、現代音楽のレジェンドとしてリスペクトを集める高橋悠治、「大豆田とわこと三人の元夫」「竜とそばかすの姫」など話題作の音楽を次々と手掛ける気鋭の作曲家・坂東祐大、各氏による委嘱新作も披露される。
 また、アルバム発売を記念して、LEOのYouTubeチャンネルでは、本日から過去のコンサート映像を公開中。あわせて、「箏協奏曲」が生まれるまでのストーリーや、10月のリサイタルの見どころなどをLEO自ら解説する動画も公開されている。

【アルバム情報】
2021年9月29日(水)リリース
「藤倉大:箏協奏曲」
LEO(箏)/ 鈴木優人(指揮) 読売日本交響楽団
COCQ-85538 ¥3,300(税込)
※高音質CD「UHQCD」採用
[画像2: https://prtimes.jp/i/19470/1948/resize/d19470-1948-ad08eaf6b1968fa08cfa-1.jpg ]


【LEO コンサート情報】
10月22日(金)LEO 箏リサイタル ~古典を現代に迎える~
会場:紀尾井ホール
出演:LEO(箏)、坂入健司郎(指揮)、特別編成室内管弦楽団
ゲスト出演:藤原道山(尺八)
[プログラム]
藤倉大:箏協奏曲 室内楽版 *
高橋悠治:委嘱新作(箏独奏) *
坂東祐大:委嘱新作(箏独奏) *
沢井忠夫:上弦の曲
今野玲央:鏡
*=世界初演
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※曲順未定。都合により曲目などを変更させていただく場合がございます。
https://columbia.jp/leo-recital/

【最新映像】
<コンサート映像Part1>
https://youtu.be/CWdJZSsCK-M

<コンサート映像Part2>
https://youtu.be/yX4ZCVjbEU8

<「藤倉大:箏協奏曲」/リサイタル~古典を現代に迎える>
https://www.youtube.com/watch?v=t3fLpbtDG7s

◆HP
OFFICIAL WEB
https://leokonno.com/

日本コロムビア
https://columbia.jp/artist-info/leo/

◆公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5i5PySbx2DmNaSKRBlaqPQ

◆SNS
Twitter
https://twitter.com/LeonoKoto

Instagram
https://www.instagram.com/leokonn0/

◆プロフィール
LEO(箏)
1998 年横浜生まれ。本名・今野玲央。横浜インターナショナルスクールの音楽の授業で9 歳より箏を始める。
音楽教師であり箏曲家のカーティス・パターソン氏の指導を受け、のちに箏曲家 沢井一恵氏に師事。
16 歳でくまもと全国邦楽コンクール史上最年少 最優秀賞・文部科学大臣賞受賞。一躍脚光を浴び、2017年19 歳でメジャーデビュー。MBS ドキュメンタリー番組「情熱大陸」、テレビ朝日「題名のない音楽会」「徹子の部屋」、NHK ワールドプレミア「世界へ届け 日本の伝統芸能」、NHK E テレ「にっぽんの芸能」、など多くのメディアに出演。ヴァイオリニスト五嶋みどり創設MIDORI & FRIENDS 主催ニューヨークツアー開催。
セバスティアン・ヴァイグレ、井上道義、秋山和慶、沖澤のどかをはじめとした指揮者や、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演しソリストを務める。2021年4月には藤倉大委嘱新作の箏協奏曲を鈴木優人指揮・読売日本交響楽団との共演で世界初演。
2019 年出光音楽賞、神奈川文化賞未来賞受賞。現在、沢井箏曲院講師。東京藝術大学在学中。
伝統を受け継ぎながら、箏の新たな魅力を追求する若き実力者として注目と期待が寄せられている。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング