新シーズン開幕を控えた錦織圭とクルム伊達公子に独占インタビュー!「錦織・クルム伊達 それぞれの世界挑戦 ~2014 覚悟~」を、1月4日(土)午後2:00~[WOWOWライブ]にて放送

PR TIMES / 2014年1月6日 9時29分



日本のテニス界をけん引する錦織圭とクルム伊達公子。2013年に2人がみせた活躍は記憶に新しい。錦織は2月の全米国際インドアテニス選手権で優勝、全豪オープンと全仏オープンでベスト16進出。そして、5月のマドリード・マスターズではロジャー・フェデラーを破り、世界ランキングも自己最高の11位にまで到達した。けがに苦しみ続けたシーズンでもあったが、デビスカップなどファンの記憶に残る活躍をみせた。一方のクルム伊達は、全豪オープンで18年ぶりとなる3回戦進出、ウィンブルドンでも3回戦まで進み、大会の史上最年長勝利記録を更新。ダブルスでもツアー3勝を飾るなど、充実のシーズンを送った。
新シーズン開幕を控え、オフシーズンの調整を続ける両選手にWOWOWが独占インタビューを行った。

【錦織圭】

Q:2013年を振返ってください。
――全体を見ると、2012年より充実した一年でした。ランキングは少し上がってますし、2012年の方が大きな結果は出てたりしましたけど、すごいばらつきがあった一年だったので。2013年は安定して20位内という良い結果を出し続けられたのでよかったです。20位内は1年で5人選手が変わってるというのをあとから聞いて、ここにいるのも大変なことだと思いましたね。なので少しずつ上がっていけたらと思います。

Q:常にテニスを楽しんでいる感覚はありますか?
――純粋にテニスを楽しめていると思います。後半はしっかり戦い抜いて、苦しい中で最後の試合を勝ち抜いたことによって、勝負強さが戻ってきたと思いました。余裕がなく詰まったテニスをしてた時期が夏にはありましたが、今は少しリラックスしてプレーできてると思います。

Q:シーズンオフでやりたいことは?
――モチベーションとしては、体をしっかり作り上げることや、プレースタイルを変えていきたいというのがあります。今はまだケガの腰の痛みがあるので、しっかりイチから作っていきたいと思っています。

Q:新しいテニスに挑戦したいということに関しては?
――もう少しフォアを使って、相手にプレッシャーをもっとかけられるようなテニスをしたいと思っています。今のままでも十分戦えるのですが、少し足りないところもあるので、そこらへんをプラスできればいいかなと。トップの選手に勝つ可能性がより増えると思っています。

Q:具体的な壁を克服したいとか技術面でも、ここをやらないと上に行けないな、というのことはありますか?
――特にトップ10以上の選手といる時に感じることはあります。自分のテニスでまだ勝てていない選手だったり、この選手には3、4回負けてるという選手が何人かいるんです。そういう相手に勝つ術を学んでいこうと思います。強いメンタルはもちろん必要ですし、技術的にも足りていないところもありますね。まずは自分を少し変えるところからやっていきたいですね。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング