新進気鋭の19歳、ロック系シンガー・ソングライター、ジェイク・バグのロンドンでのライブをWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2014年1月10日 16時58分

「洋楽年鑑 ジェイク・バグ iTunes Festival 2013」1月12日(日)夜6:30[WOWOWライブ]



毎年「グラミー賞授賞式」を生中継で放送しているWOWOWの洋楽番組「洋楽年鑑」。このプログラムでは、マムフォード&サンズ、シャーデー、レディ・アンテベラム、スマッシング・パンプキンズ、ガービッジ、ルー・リード、トニー・ベネットなど、グラミーアーティストを毎回取り上げてきた。今回フィーチャーするアーティストは、UKロックの新世代をリードするジェイク・バグだ。

2011年、17歳の時にレコード会社と契約し、ノエル・ギャラガー(元オアシス)やストーン・ローゼズなどのオープニングアクトなどを務め、注目される存在となる。翌2012年にリリースしたデビューアルバム『ジェイク・バグ』は全英アルバムチャート初登場1位を獲得。男性ソロ・アーティストとしての最年少記録を塗り替えた、まさに若き天才だ。2013年11月に発表したセカンドアルバム『シャングリ・ラ』も1作目以上にクオリティの高い作品に仕上がっていて、高い評価を得ている。

2013年5月、渋谷クラブクアトロで一夜限りのアコースティック・ショーケースライブを開催。そして8月には夏フェス『SUMMER SONIC 2013』にも出演し、レベルの高いライブパフォーマンスで日本のロックファンを魅了した。今回の放送では2013年9月にロンドンで行なわれた「iTunes Festival」でのライブをお届けする。

フィーチャーしたアーティストのライブ映像はもちろん、MCを務める“しょこたん”こと、中川翔子とゲストとのトークもこの番組の大きな見どころだ。
今回のゲストは、テレビ番組やラジオのパーソナリティなどで活躍する高樹千佳子。中学生の頃から洋楽を聴き始めたという彼女は、ジェイク・バグにも早くから注目していて、昨年のアコースティック・ライブとSUMMER SONICでのライブも目撃しているぐらいのハマリっぷり。
「10年にひとり、20年にひとりの存在だと思います」と、ジェイクについて熱く語る。「昨年5月のアコースティック・ライブ、圧倒されました。19歳の男の子がギターと歌だけで聴かせられるってすごい! ただ者じゃないなって。サマソニではバンド編成でのライブを観たんですけど、さらにライブ力が上がっていてビックリしました。若いのに地に足がついてる感じなんです。これからもっと大きな存在になるんだと思いますが、スタンスを変えないでほしいなって思っています」。人気と実力を兼ね備えたカリスマ性の高いアーティスは、もっともっと日本でも人気が高まっていくことだろう。

「洋楽年鑑 ジェイク・バグ iTunes Festival 2013」は、1月12日(日)夜6:30からオンエア。しょこたんとゲースとのトークとあわせて、ジェイク・バグの最新ライブをたっぷりと楽しんでもらいたい。

■■■WOWOW番組情報■■■
「洋楽年鑑 ジェイク・バグ iTunes Festival 2013」
1月12日(日)夜6:30[WOWOWライブ]
http://www.wowow.co.jp/music/yogaku/nenkan/
イギリス出身の19歳、ジェイク・バグ。2012年のデビューアルバムがUKチャート初登場1位を獲得、2013年には初来日した。注目を集める彼のロンドンでのライブ。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング