【JAF岩手】 わんだふぉ~パークにJAFブースを出展!車両衝突を疑似体験できるJAF VR体験コーナーを岩手県初出展

PR TIMES / 2018年3月19日 17時1分

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)岩手支部(支部長 高橋 康雄)は、3月24日(土)・25日(日)に岩手産業文化センターアピオで開催される「わんだふぉ~パーク」にPRブースを出展します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/10088/2021/resize/d10088-2021-999030-3.jpg ]

今回の出展ブースでは岩手県では初出展となる『JAF VR体験コーナー』を設け、時速55キロでの車両衝突を疑似体験することができます。衝突する車内で撮影されたVR映像は、シートベルト非着用のダミー人形が衝突の衝撃で投げ出される様子を見ることができ、全席シートベルト着用の必要性をアピールします。またお子さんが楽しみながら交通安全が学べる大人気のコンテンツ『子ども安全免許証』の無料発行をおこない、交通安全意識の向上を図ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/10088/2021/resize/d10088-2021-844222-2.jpg ]

<イベント概要>
【日  時】  2018年3月24日(土)・25日(日) 10:00~16:00

【場  所】  岩手県産業文化センター(滝沢市砂込389-20)

【ブース詳細】 JAF VR体験コーナー(時速55キロでの車両衝突を疑似体験)
        子ども安全免許証の無料発行

[画像3: https://prtimes.jp/i/10088/2021/resize/d10088-2021-451228-1.jpg ]

「子ども安全免許証」は、タッチパネル画面で名前、生年月日を入力して写真を撮り、交通安全クイズに答えた後にその場で発行しお渡しします。お子さまが楽しみながら交通安全が学べる、JAFが出展する各種イベントで人気のコンテンツです。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング