森川欣信氏に聞く、ザ・ビートルズ全米デビュー50年目に見た感動の一夜~ポール&リンゴ共演のザ・ビートルズ・トリビュートライブ

PR TIMES / 2014年2月8日 10時36分

「ザ・ビートルズ・トリビュートライブ ~グラミー・スペシャル~」2月11日(火・祝)夜9:00[WOWOWライブ]



1964年2月9日、ザ・ビートルズがアメリカの国民的バラエティー番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演し、全米メジャー進出してから50年。今、アメリカでは、さまざまな場所でビートルズにちなんだイベントが催され、まさに“ザ・ビートルズ・ウィーク”といった盛り上がりを見せている。
アメリカのエンターテインメントとTVの歴史を変えたともいえる、このビートルズが全米に上陸した記念すべき日に、当時「エド・サリヴァン・ショー」を放送していたCBSチャンネルで、ビートルズをトリビュートする番組が放送される。この番組は、今年のグラミー賞授賞式の翌日にロサンゼルスのコンベンションセンターで行われたライブイベントを収録したもの。スティーヴィー・ワンダー、ジョー・ウォルシュ(イーグルス)、ユーリズミックス、デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、マルーン5、アリシア・キーズ、ジョン・メイヤー、キース・アーバン、ジョン・レジェンド、イマジン・ドラゴンズ、ケイティ・ペリー、ファレル・ウィリアムス、エド・シーランなど名だたるグラミーアーティストがビートルズの楽曲を演奏し、さらに、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターの共演が実現した。ラストを飾った曲は「Hey Jude」。この曲を2人が一緒に演奏するのはザ・ビートルズ解散以降初めてのことだった。
日本では、2月11日(火・祝)にWOWOWで放送されることになっているが、放送を前に、このライブ会場で実際にその模様を目撃した、日本でも屈指のビートルズマニア、森川欣信氏にそのライブの様子やこのライブに対する思いを聞いた。


Q:このライブが開催されることを知ってどう思われましたか?

森川:僕がビートルズに出会ったのは1964年の1月でした。僕はその時11歳でした。ラジオから流れて来る「プリーズ・プリーズ・ミー」を聴いたのです。そう、まさにIt Was 50 Years Ago Todayです。50年と言う歳月、それは当のビートルズだけではなくファンにとっても感慨深い「50年」の歴史です。年末にグラミーで特別功労賞生涯業績賞がビートルズに贈られると発表になっていたので、ポールとリンゴは出席するのかなってぼんやり考えていました。今回のグラミー賞には弊社の元ちとせが参加したレゲエ・アルバムもノミネートされていましたから僕も招待を受けていました。残念ながら受賞はなりませんでしたが。開催の日が近づいたある日、グラミー賞にポールとリンゴ出席のニュースが流れ、同じ場所に参加出来ると言う喜びに沸き立つ僕に次なるニュースが飛込んで来ました。グラミー賞の翌日、「ビートルズ・トリビュート・コンサート」が行われる!え?トリビュートって事は、本人達は出ないのかな?あまりに突然過ぎてなんだか実感がありませんでした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング