松岡修造氏がカナダとの歴史的な一戦を振返る!・・・史上初の世界8強に日本代表を導いた男子テニス日本代表監督・植田実氏に密着したドキュメンタリーを2月14日(金)夜10:00~WOWOWプライムにて放送

PR TIMES / 2014年2月13日 13時13分



 歴史的勝利に沸いた、男子テニス国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本vsカナダ。デビスカップは、1チーム4人の団体戦で、初日のシングルス2試合、2日目のダブルス1試合、最終日のシングルス2試合で先に3勝した方が勝利となる、まさにチームの総合力が試される大会だ。
 2年ぶりにワールドグループに復帰した日本代表チームは、1月31日~2月2日で行われた1回戦で前年ベスト4の強豪カナダと対戦。苦戦が予想された中、エース・錦織圭の活躍もあり通算4勝1敗で勝利。史上初の8強入りを果たした。
 この歴史的勝利にチームを導いたのは3勝をあげた錦織圭をはじめ、メンバー全員の団結力、そして植田実日本代表監督の采配だ。この結果、植田監督は2012年12月の監督就任以降、デビスカップ4試合を全勝。日本テニスの未来を明るいものにすべく全力を尽くす植田監督について、カナダ戦の解説を務め、デビスカップを戦った経験もある松岡修造氏に話を聞いた。


Q.カナダからの勝利についての印象は?

A.植田監督なくしては、この勝利は絶対なかったと思います。植田監督は、日本のテニスを変えるために、大きな改革をドンドン行っていました。変えることには恐怖が伴いますが、勇気を持って改革に取り組まれていました。
 テニス選手は普段は個人戦を戦い、世界中のツアーを回っています。代表選手となかなかコミュニケーションが取りにくい状況下でも、植田監督は選手と交流をしてきました。そんな植田監督の「テニスのためなら何でもやる」「テニスに全てをかけている」という思いが選手に伝わったことが、日本を勝利に導いたのではないでしょうか。
 (3勝した)錦織選手も(ダブルスで勝利した)内山選手も強かったですが、全ての準備、何があっても「俺に任せればいいんだ」という植田監督の力が大きかったと思います。

Q.植田監督の印象は?

A.植田監督は、冷静に分析する力、チームのトレーナー、スタッフ全体を見ることができる力、そして、決断力を持った監督だと思います。
誰を選手として使うか、例えば、今回の錦織選手をダブルスで使うという決断。これは錦織選手が植田監督を相当信頼しているから実現できたことです。そのような関係を作り上げてきたこと、それが大きいのです。
日本中をどれだけさがしても日本テニスのために死んでもよいとあれだけ思っている人は植田監督の他はいない。本当にいい人が日本代表チームの監督になってくれたと思っています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング