絵心がない人でも伝わる絵が描けるようになる 新刊『線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法』 3月16日発売

PR TIMES / 2018年3月16日 12時1分

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、誰もが楽しくデッサン力を身につけられる新刊『線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法』を2018年3月16日(金)に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/2073/resize/d5875-2073-692543-0.jpg ]


■「絵を描きたい」「でも人前で描くのはちょっと……」という気持ちに応える
「仕事の現場で頭の中にあるプランをサラッと絵にしたい」「趣味でちょっとしたイラストを描きたい」「美大受験を目指している」など、動機や目的はさまざまですが、絵を描くニーズは意外と多いものです。「でも絵心がないから描くのを避けている」という人に向けた、新しいタイプの「デッサンの教科書」が完成しました。特徴は次の4つです。

<特徴1:「絵で伝わること」がゴール>
絵にはいろいろな目的がありますが、本書のゴールは「伝わる絵」です。デッサンの基礎を学びながら、ものの形をきちんととらえた絵が描けるようになります。そのため、ちょっとした絵が描ければいいという人、見栄えのするイラストを描きたい人、精密な写実画を描きたい人など、あらゆる人の役に立つ内容になっています。

<特徴2:ペンと紙があればOK>
絵の描き方というと、「必要な画材を揃えて、鉛筆の削り方を学んで……」と描きはじめるまでの準備があれこれ必要なイメージがありますが、本書では特別な画材は使いません。ボールペンや鉛筆、コピー用紙やメモ帳など、ふだん使っている身近な道具を使ってすぐに練習をはじめます。

<特徴3:センスや鍛錬は不要>
本書では、ものを○や△、□といった基本図形に分解してから1つの絵に組み立てるというアプローチで絵を描く手順を解説しています。たとえばコーヒーカップなら、「円柱+楕円の組み合わせでカップ本体、長方形の組み合わせで持ち手」といったように大まかな形を組み立ててから、細かな形や質感を描き込んでいきます。そのため絵が苦手な人でも、簡単にいろいろなものが描けるようになります。

<特徴4:自然とデッサン力が身につく>
1本の線からはじめて、平面的な絵、立体的な絵、人物、情景まで、身の回りにある親しみやすいモチーフを題材に練習します。それぞれ一筆ごとに丁寧に描き方を解説しているので、迷うことなく練習できるのも特徴です。本書の題材を全部描き終わったころには、自然とデッサン力が身につくような構成になっています。

■デッサンの指導実績が豊富な執筆陣による解説で、大人から子供まで楽しく読める
本書で解説している「ロジカルデッサン」は、OCHABI Instituteの『大人のためのアートスクール - OCHABI artgym』のコーチ陣が、その豊富な指導経験にもとづいて開発したデッサンのノウハウです。やさしい言葉で解説(中学以降で学習する漢字にはルビつき)しているので、大人から子供まで幅広い人たちが楽しく読める、これまでにないデッサンの教科書になっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/2073/resize/d5875-2073-583926-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/2073/resize/d5875-2073-726104-2.jpg ]

■目次
はじめに
[序章]絵の描き方を知ろう
[第1章]線を描いて表現しよう
[第2章]平面的な絵を描こう
[第3章]人物を描こう
[第4章]立体的な絵を描こう
[第5章]情景を描こう

■書誌情報
書名:線一本からはじめる伝わる絵の描き方
ロジカルデッサンの技法
著者:OCHABI Institute
発売日:2018年3月16日(金)
ページ数:176ページ
サイズ:B5変形判
価格:本体1,800円+税
電子版価格:1,620円+税 ※3月発売予定 ※インプレス直販価格

◇書誌情報: http://book.impress.co.jp/books/1117101074
◇書影ダウンロード: https://dekiru.net/press/500335.jpg

■著者プロフィール
OCHABI Institute
OCHABI Institute とは3つの学校の総称です。

芸大・美大・美術高校受験 - 御茶の水美術学院
ゼロからはじめてプロになる - 御茶の水美術専門学校
大人のためのアートスクール - OCHABI artgym

私たちは「世界に文化で貢献する」という理念のもとに、クリエイティブ力を身につけた人材を世界に送り出しています。

以上

【株式会社インプレス】 http://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング