VAMPS、ケイティ・ペリー、きゃりーぱみゅぱみゅ、少女時代。「U-EXPRESS LIVE 2014」から4組のライブ・パフォーマンスをWOWOWで独占オンエア!

PR TIMES / 2014年3月29日 10時6分

「U-EXPRESS LIVE 2014 ケイティ・ペリー/少女時代/きゃりーぱみゅぱみゅ/VAMPS」3月30日(日)夜7:00[WOWOWライブ]



国内外のトップ・アーティストが一堂に会した、ユニバーサルミュージックのライブ・イベント「U-EXPRESS LIVE 2014」が3月1日、2日の2日間にわたり、埼玉県・さいたまスーパーリーナで行われた。WOWOWではVAMPS、ケイティ・ペリー、きゃりーぱみゅぱみゅ、少女時代のライブ・パフォーマンスを2時間に凝縮して独占放送する。

ロック勢が集結した1日目のヘッドライナーを務めたのがVAMPSだ。ライブ活動を精力的に行い、2013年には本格的な世界進出を果たした彼らだけに気合も十分。カリスマ的な魅力を放つHYDEのボーカル、エッジを効かせたK.A.Zのギターを軸に疾走感あふれる爆音サウンドで会場の熱気を一気に沸点まで上げていく。「LOVE ADDICT」「AHEAD」などシングル曲を中心としたエキサイティングな演奏で、唯一無二の存在感を見せつけた。

2日目はガールパワー全開。濃いピンクの衣装に身を包んだきゃりーぱみゅぱみゅはキッズダンサーを従え、カラフル&ポップなステージで会場を盛り上げる。くまの着ぐるみやアクロバティックな忍者を登場させたり、きゃりーの振り付けで観客も一緒に踊るなど、まさに“おもちゃ箱をひっくり返したよう”なステージに観客は大喜び。「もったいないとらんど」「にんじゃりばんばん」などヒット曲をキュートに歌い踊り、会場を沸かせた。

熱狂的なコールに迎えられて登場したのは、白いミニドレス姿の少女時代だ。しなやかかつキレのあるダンスの「GALAXY SUPERNOVA」では複雑なフォーメーションを駆使したパフォーマンスを披露。完成度の高いステージは、アジアNo.1ガールズグループとしての輝きを鮮烈に印象づけてくれた。

イベントの大トリは、全米No.1ヒットを次々と送り出し、世界のチャートを席巻するケイティ・ペリーだ。グリッターなゴールドのミニドレスで現れたケイティは、最新アルバム「プリズム」からの楽曲をはじめ、「California Gurls」など大ヒット曲を次々と披露。新曲「Dark Horse (feat. TEE)」ではフィーチャリングした日本人ラッパー、TEEとの共演で会場を沸かせ、自分応援ソング「Roar」では力強い歌声で観客を鼓舞する。パワフルなパフォーマンスは圧巻で、親しみやすい笑顔も魅力的。世界の歌姫のポジティブなパワーに会場の誰もが魅了されたステージだった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング