【モザイクジャパン】ポスタービジュアルが解禁!

PR TIMES / 2014年5月10日 10時10分

坂元裕二脚本、水田伸生演出、永山絢斗主演で贈る、新しい形の社会派エンターテインメント!連続ドラマW「モザイクジャパン」 ポスタービジュアル解禁!

5月18日(日)から放送スタートする、連続ドラマW「モザイクジャパン」[R15+指定相当]のポスタービジュアルが遂に解禁



5月18日(日)夜11時よりスタートする連続ドラマW「モザイクジャパン」[R15+指定相当]のポスタービジュアルが遂に解禁された。

撮影は都内スタジオで7人の女性モデルを配して撮影が行われ、14本の女性達の手・足が絡まりあう中に永山絢斗さんが埋まったところを、真上から撮影するという一発撮り形式。ドラマのポスター撮影としては異例の撮影となった。
アートディレクションを担当したのは、連続ドラマW「私という運命について」(WOWOW)や、2013年東北を舞台に国民的一大ブームを巻き起こした朝の連続ドラマ小説など、数々のドラマの宣伝広告を手がける吉良進太郎氏(GINYU FORCE)。撮影を担当したのは、広告やファッション写真界の第1人者。美意識の高い写真で、俳優やセレブリティから絶大な支持を得ている下村一喜氏。
ポスタービジュアル解禁に当たり、前代未聞のポスター撮影を経験した主演・永山絢斗さん、岡野真紀子プロデューサーのコメントが届いた。

■永山絢斗さんコメント
クランクインをする前のポスター撮りでした。
当日現場に行って女性たちが裸にガウンを着ているのをみて、「いよいよドラマが始まるんだな」と緊張で胃の奥のほうがキュッとなりました。
でもそのおかげでいいスタートをきれた気がしています。

■岡野真紀子(WOWOWプロデューサー)
「モザイクの向こう側には何があるのか」
このドラマは、AV業界に乗っ取られた田舎町を舞台に、曖昧な日本文化や日本システム の象徴でもある”モザイク”について描いた新しい形の社会派エンターテインメントです。このポスタービジュアルでは、永山さん演じる主人公の理市が、まさにモザイクの向こう側を目撃してしまい、巻き込まれていく様をイメージしました。永山さんの表情にこのドラマのテーマがすべて現れていると思っています。


<番組情報>
番組名 : 連続ドラマW「モザイクジャパン」[R15+指定相当]
放送日 : 5月18日(日)スタート 毎週日曜夜11:00
特設サイト : http://www.wowow.co.jp/dramaw/mosaicjapan/
※特設サイトでは、予告編(60秒)が5月12日(月)12:00に解禁。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング