テクニクス「ミュージックサーバー」ST-G30を発売

PR TIMES / 2016年3月11日 10時51分



[画像: http://prtimes.jp/i/3442/2157/resize/d3442-2157-577553-1.jpg ]



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は「Technics(テクニクス)」ブランドにおいて、CDリッピング機能を搭載したHi-FiグレードのミュージックサーバーST-G30を2016年4月22日に発売します。

近年、ハイレゾ音源などデータ配信の台頭により、家庭内ネットワークを介して高品位に音楽を再生するネットワークオーディオが拡大したことで、愛好家の間では音質改善にサーバーが重要であるとの認知が徐々に広まっています。また、CDは広く普及しており依然重要な音楽資産となっていますが、PCを使わずにデータ管理をしたいという意識も高まっています。
本製品は、データのストレージに静音性に優れたSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を搭載することなどにより、高品位なデータ伝送を可能にしました。また、高精度なCDリッピングを行うため、高剛性シャーシ、鋳鉄製のインシュレーターで振動を大幅に低減しました。あわせて専用設計の内製CDドライブの搭載や、正しいハッシュ値との比較検証まで行うことで、忠実度の高いCDリッピングを実現しています。さらに、スマートフォンなどからハイレゾ音源配信サイトe-onkyo music(※1)で購入した楽曲を本製品に自動でダウンロード(※2)することも可能にしました。購入したデータは、ネットワークプレーヤーと組み合わせて、専用アプリ「Technics Music App」を使えば、タグの編集(※3)から再生までPCを使わず快適に操作できます。

パナソニックは本製品を、音にこだわり、使いやすさにもこだわるハイエンドオーディオユーザーに提案していきます。

<特長>
1. SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の搭載などにより、Hi-Fiグレードにふさわしい高音質データ伝送を実現
2. 高精度なデータ取り込みによる忠実度の高いCDリッピング
3. タブレット、スマートフォン用「Technics Music App」から多彩な操作が可能

【品名】ミュージックサーバー
【品番】ST-G30
【色】-S(シルバー)
【希望小売価格(税抜)】500,000円
【発売日】2016年4月22日
【月産台数】受注生産

▼テクニクス「ミュージックサーバー」ST-G30
http://jp.technics.com/products/g30/musicserver/
▼e-onkyo music
http://www.e-onkyo.com/music/

※1:詳細についてはe-onkyo musicのホームページをご覧ください http://www.e-onkyo.com/music/
e-onkyo musicサービスに関するお問い合わせ先: http://www.e-onkyo.com/support/beginner.aspx
サービス内容は予告無く変更される場合があります
※2:e-onkyoのメンバー登録と、「e-onkyo music」アカウントに関する情報のST-G30への登録が必要となります。e-onkyo musicサーバーから自動ダウンロードされる楽曲は購入後1カ月以内のコンテンツに限ります。自動ダウンロードを行うためには、ST-G30をブロードバンド回線に接続する必要があります
※3:タイトル/アーティスト/アルバム/アルバムアーティスト/トラック番号/ジャンル/年/年代/アルバムアート

【お問い合わせ先】
お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365 (受付9時から20時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] テクニクス「ミュージックサーバー」ST-G30を発売(2016年3月8日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/03/jn160308-1/jn160308-1.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング