1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

組み込み型マルチメディアカード(eMMC)市場は2028年までに115.3億ドルに達する見込み

PR TIMES / 2021年7月15日 9時15分

2021年7月15日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、世界の組み込み型マルチメディアカード(eMMC)の業界規模は、2019年に93億ドル、予測期間中はCAGR 3.30%で成長中



Report Ocean社が発行した最新レポート「組み込み型マルチメディアカード(eMMC)市場:密度、アプリケーション、エンドユーザー別:グローバル機会分析と業界予測、2021年~2028年」によると、以下の内容が記載されています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/67400/2255/resize/d67400-2255-1745397608e867da257b-0.jpg ]


レポート購入前に無料サンプルページをご請求ください。 https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1832

世界の組み込み型マルチメディアカード(eMMC)の業界規模は、2019年に93億ドル、2028年には115億3000万ドルに達し、予測期間中のCAGRは3.30%になると予測されています。世界市場では、アジア太平洋地域がトップで、北米、欧州がそれに続くと予想されています。

市場の概要

エンベデッド・マルチメディア・カード(eMMC)は、モバイルアプリケーション用の高度なマネージドNANDフラッシュメモリであり、スマートフォン、GPSシステム、タブレット、リーダー、その他のモバイルコンピューティングデバイスを含む多くのコンシューマエレクトロニクス製品の有力なGo-Toメモリソリューションとなっています。組み込み型マルチメディアカード(eMMC)チップには、USBドライブやSDカード、ソリッドステートドライブ(SSD)に搭載されているものと同じNAND型フラッシュメモリと、ウェアレベリングやエラー訂正(ECC)を管理するコントローラが搭載されています。 例えば、サムスンが提供するeMMCメモリは、非常にコンパクトで、典型的には切手よりも小さく、デバイスの小型化・薄型化を可能にしています。サムスンのeMMCメモリを採用している大手企業もあります。その理由は、スムーズなパスウェイと高度なモバイルデザインを短期間で市場に投入できるからです。

影響力のある要因

組み込み機器へのフラッシュメモリの採用が増加していることが、組み込みマルチメディアカード(eMMC)市場の成長を後押ししています。超高速メモリ、高速性、費用対効果、低消費電力などの特徴が、世界のeMMC市場を刺激しています。また、サムスンやサンディスクコーポレーションなどの大手企業が、より高密度で高速な革新的な製品を発売したことも、市場の成長を後押ししていると考えられます。eMMCの最新バージョンであるeMMC 5.1Aは、データ転送速度の向上、データストローブおよびコマンドキューイングの強化などの先進的な機能を備えています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/67400/2255/resize/d67400-2255-9566cc4c98090c88f946-1.jpg ]


自動車業界での組込みマルチメディアカード(eMMC)の採用の増加、電子機器での組込みマルチメディアカード(eMMC)の需要の急増、モバイルコンピューティング機器での統合メモリの高い需要が、組込みマルチメディアカード(eMMC)市場の成長を促進しています。しかし、継続的な技術開発と新しいストレージデバイスの進化が市場の成長を妨げています。逆に、Chromebookの開発が急増していることから、Embedded Multimedia Card (eMMC)業界に有利な機会をもたらすと予想されます。

市場セグメントの概要

世界のエンベデッド・マルチメディア・カード(eMMC)市場は、密度、アプリケーション、エンドユーザー、地域に分けられます。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/67400/table/2255_1.jpg ]



GPSシステム分野は、2020年に最大の収益貢献をしており、2021年から2028年にかけて4.20%のCAGRで成長すると予想されています。位置情報サービスやモバイルアプリケーションの利用の増加、スマートフォンユーザーの増加、自動車用GPSソフトウェアの需要の高まりなどが、GPS市場における組み込み型マルチメディアカード(eMMC)の需要を押し上げる主な要因となっています。2020年には、航空宇宙・防衛分野が第2位の収益貢献者となります。機密情報のセキュリティやデータ保護技術へのニーズの高まりが、この分野でのeMMCの需要を増加させました。

詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。

地域別の概要

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAの各地域におけるeMMC(Embedded Multimedia Card)の市場動向を分析しました。分析の結果、アジア太平洋地域は2020年に最大の収益を上げ、予測期間中に2.30%のCAGRで成長すると予想されています。アジア太平洋地域では、デジタルカメラの普及や家電産業の成長などの要因が市場の成長に寄与しています。

Covid 19インパクト分析

組込み型マルチメディアカード(eMMC)の世界市場規模は、COVID-19の発生によって大きな影響を受けています。COVID-19の製造業への影響は、世界経済に大きな影響を与えています。電子部品やその他の半導体デバイスは、ほとんどが中国から輸入されています。製造装置が一時的に停止したことに起因して、供給不足から半導体部品の価格が2~3%上昇しています。加えて、様々なエンドユーズ産業における資本予算の削減や、多数の計画されたプロジェクトの遅延が、世界のエンベデッド・マルチメディア・カード(eMMC)市場の妨げとなっています。

競合他社の分析

レポートに掲載されている主要企業は、Samsung Electronics Co. Ltd. (韓国)、Western Digital Corporation (米国)、SK Hynix Inc. (韓国)、Phison Electronics Corporation(台湾)、Greenliant Systems Inc. (米国)、Kingston Technology Company Inc. (米国)、Micron Technology, Inc. (米国)、Micron Technology, Inc.(米国)、Silicon Motion Technology Corporation(米国)、Transcend Information, Inc. (台湾)、株式会社東芝(日本)などがあります。市場参加者は、製品の発売、コラボレーションやパートナーシップ、買収など、さまざまな戦略を採用して、組み込み型マルチメディアカード(eMMC)業界での足場を拡大しています。

本調査の主な結果


2020年には、GPSシステムセグメントが最大の収益を占め、予測期間中に4.20%の注目すべきCAGRで成長すると予測されています。
自動車分野は、2020年にエンベデッド・マルチメディア・カード(eMMC)市場の25%以上のシェアを占め、予測期間中に最も高い成長率を示しています。
欧州のeMMC市場では、英国が2020年に約30%のシェアを占めています。


レポートの範囲を確認するには、こちらをクリックしてください。 https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1832

私たちについて:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング