決戦直前!ハント、ネルソン、五味隆典、秋山成勲ら全選手がファンの前で公開計量!このあと19日(金)夜9時~、ゲストに川尻達也選手をむかえ直前スペシャルをWOWOWプライムにて無料生放送!

PR TIMES / 2014年9月20日 10時52分

「UFC JAPAN 2014」、9月20日(土)午後2:30~WOWOWライブにて独占生中継!WOWOWメンバーズオンデマンドでは全試合生中継!



明日9月20日(土)開催の「UFC JAPAN 2014」に向けて、UFCは19日(金)午後、さいたまスーパーアリーナで前日公開計量を実施。報道陣に加え、日本国内や各国から訪れた熱心なファンたちが固唾を呑んで見守る中、各選手の計量が行われ、米本国で活躍するオクタゴンガールのアリアニー・セレステも華を添えた。

メイン戦を務めるマーク・ハントとロイ・ネルソンにはそれぞれ特大の歓声が降り注ぎ、お互いの計量クリア後には、本番さながらのフェイス・トゥ・フェイスを展開。最後に意気込みを聞かれたネルソンが「同じスタイルのハントをリスペクトしている。全力を尽くすだけ」と答えれば、ハントも「お互いパワフルだから試合を楽しみにして欲しい。勝つのはオレだけどね」と豪語。怪物同士のKO決着に期待が膨らむ。

多くの選手が計量通過と同時に感情を露わにする中、セミ・メインに出場する五味隆典は寡黙に通過。新星マイルス・ジュリーも淡々とこなした。しかし期せずして“五味チャント”が巻き起こるや、五味も“火の玉ボーイ”として自信の笑みをみせ、手を振ってファンに応えている。

2年7ヶ月ぶりの復帰戦となる秋山成勲は17日の時点でまだ7~8kgあると驚きのコメントをしていたが、計量本番では一発でウェルター級規定体重をクリア。フライ級の堀口恭司はいつものアルカイック・スマイルで通過。ジョン・デロス・レイエスと対峙しても飄々とした態度を崩さず、余裕をのぞかせた。

そして今大会の目玉、アジア人初のUFC女性ファイターとなる中井りんは甲冑の具足をつけた武将コスプレで登場し、見事一発パス。対する女子総合格闘技界のエリート、ミーシャ・テイトは計量からフェイス・トゥ・フェイスまで一貫して余裕の笑顔。UFCでの経験値の違いを見せつけた。

アンダーカードの選手も全員一発通過となったが、フェイス・トゥ・フェイスでの菊野克紀の独特の構えにはどよめきが発生。国本起一も計量を通過すると満面の笑みを浮かべ、対戦相手のリチャード・ウォルシュと向き合うや、極限まで相手に顔を近づけるパフォーマンスでファンを沸かせてみせた。

また、公開計量の前には、ユライア・フェイバー選手、マウリシオ・フア選手、佐々木佑太選手、水垣偉弥選手をゲストにしたサイン会などのイベントが行われ、ファンとの交流も行われた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング