NBA新シーズンがついに開幕!WOWOWでは毎週5試合生中継!「今季、NBA勢力図は一度シャッフルされるような気がする」。俳優の豊原功補さんがNBAの楽しみ方・見どころを語る。

PR TIMES / 2014年10月31日 10時21分



今季のNBAもいよいよ開幕。コービー・ブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズは、初戦でヒューストン・ロケッツと対戦。ジェイムス・ハーデン、ドワイト・ハワードらの活躍を止めきれず、アウェーのロケッツが大差で勝利した。このゲームの中継ゲストとして出演した俳優の豊原功補さんが、ヒゲが特徴的なハーデンの魅力や、幼少期から大好きだというNBAの今季の見どころを語った。


――今季もいよいよNBAが開幕しました。開幕を迎えた今の心境を教えていただけますか?

豊原:いよいよ開幕しましたが、シーズンのファイナルにはどこが進出するかまったくわからないのが毎年のことです。ただ、僕が応援しているロケッツが白星発進したことに、まず一安心ですね。もう一つオクラホマシティ・サンダーも好きなのですが、そういうチームがクリーブランド・キャバリアーズやサンアントニオ・スパーズなど、強いチームを打ち負かしていく様を見てみたいです。


――昨季はヒートの3連覇をスパーズが阻止して終わりましたが、今季のNBAはどんな流れになると見ていますか?

豊原:レイカーズがこの4年程度は全然ダメで、一方で、ヒートが3連覇を達成するかと思えば阻止されていますからね。一つのチームが躍進したり、いいチームがダメだったり、今までがすごく極端だったとすれば、今季は一度シャッフルされるような気がしていているんです。もしかすると、セルティックスあたりがじわじわくるのかもしれないですね。


――ご自身でもバスケットボールはプレーされていたということですが、そもそもNBAが好きになったきっかけはどんなことだったのでしょう。

豊原:高校のときにバスケット部に在籍していて、OBの先輩がVHSでよくNBAの試合を見せてくれたんですよ。そこでカリーム・アブドゥル=ジャバーとか、ものすごく個性的な選手たちがインパクトのあるプレーをしていて面白かった。兄貴がどこかで手に入れたレイカーズのジャンバーに勝手に袖を通して、格好いいなあと思っていたのを覚えています。


――個性的な選手が好きということですが、引退したロッドマンやピッペンといった、歴代の個性的な選手がやはり好みだそうですね。

豊原:そうなんですよ、デニス・ロッドマン、いいですよねえ。僕はいま自分のチームでも彼と同じ91番つけているくらいなんです(笑)。あのビジュアルで、あのプレーでしょう? 興奮しますよね。今でこそタトゥーを入れている選手もいますけど、当時は「これはプロスポーツ選手としてありなのか?」と目を疑いました。現実離れしていて、すごくいいなと。この前、ようやく彼がNBAの殿堂入りを果たしたので、すごく嬉しいですね。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング