開幕から1点を争う好ゲーム!スチャダラパーBoseさん。「やっぱりNBAは面白い。一歩踏み込むと様々なドラマが隠されているのが魅力」WOWOWはNBAを毎週5試合生中継!

PR TIMES / 2014年10月31日 10時21分



いよいよNBA14-15シーズンが開幕!昨季の王者スパーズと、プレシーズン中に富樫勇樹選手と契約を結んだマーベリックスの開幕戦が、いきなり1点を争う好勝負になるなど、群雄割拠の今季を占うような熱い内容となった。WOWOWでは見逃せないゲームが続くNBAを、毎週5試合生中継。開幕戦のゲストとして出演し、今季のWOWOW NBAイメージソングも手がけたスチャダラパーのBoseさんが、NBAの魅力や今季の見どころ、テーマ曲に込めた思いなどを存分に語った。


――いよいよ今季もNBAが開幕しました。今の率直な気持ちを教えていただけますか。

Bose:今年はWOWOWのNBAイメージソングを作らせてもらったので、より応援する気持ちで開幕を迎えたのですが、開幕戦から王者スパーズを苦しめるマーベリックスという好試合が見られて本当に素晴らしかったです。やっぱりNBAは最後に1点差、2点差になる試合が絶対に面白い。そのカタルシスを感じたくて、僕らはずっと見ているような感じがありますよね。


――今季のNBAではどんなところに注目をしていますか?

Bose:やっぱり「アイム・カミング・ホーム!」、スター選手であるレブロン・ジェイムスがクリーブランド・キャバリアーズに復帰したのは衝撃でした。これは様々な例えができますね。テニスの錦織選手が島根に帰郷して「おれ、島根でプレーする!」と言い出したようなもの(笑)。もっといえば、ダウンタウンが「おれら、尼崎でやるわ!」と言い出すくらいの衝撃ですね(笑)。大スターが急に地元に戻ってきたから、町も大騒ぎですよ。いまはジェイムスを中心にNBAが回っているような印象もあるし、断然注目です。


――Boseさんが個人的に応援しているチームはありますか?

Bose:僕はニューヨーク・ニックスがずっと好きなのですが、思うように勝ってくれなくて……。今年もプレーオフには残るくらいの力はあると思うので期待はしているんですけどね。マディソン・スクエア・ガーデンでニックスとレブロン率いるキャブスが対戦すればすごく盛り上がるし、ニックスにはぜひレブロンの引き立て役として……いや、そういう時は意外にもカーメロが燃えて活躍して勝つような気もします。楽しみにしています。


――そもそもBoseさんがバスケットボールを好きになったきっかけは?

Bose:僕は高校までバスケをプレーしていて、90年代にマイケル・ジョーダンが出てきて話題になっていました。その頃ちょうどラップが好きになった僕は、ニューヨークに行ってみたんです。すると、街にとってのバスケットがすごく身近な存在で、ラッパーとバスケットもすごく近かった。歌詞にバスケットの歌詞が出てきたり、ラッパーがバスケットの衣装でステージに上がったりしていたんです。僕としては自然の流れでNBAが好きになったのですが、その興奮を日本では誰にも話せなくて……。いつになったら話せるのだろうと思っていたら、ようやく最近になってWOWOWで放送が始まり、今季はテーマ曲を書かせてもらえました。だから、この20年間我慢していた思いを爆発させたのが今回のテーマ曲『恋するペネトレイト』だったんです(笑)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング