【LINEリサーチ】高校生の試験勉強、半数がテストの1~2週間前から開始、必須アイテムは「音楽プレーヤー」「ルーズリーフ」など 我慢しているものは男女共通して「ゲーム」「YouTube/動画」が上位に

PR TIMES / 2020年9月30日 22時15分

LINEリサーチ、高校生の試験勉強事情に関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約529万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。

このたびLINEリサーチでは、日本全国の高校1年生~3年生の男女を対象に、学校の定期テスト(中間テスト・期末テストなど)に対する勉強状況について調査いたしましたので、その結果をお知らせします。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます: http://research-platform.line.me/archives/36124020.html



■男女ともに試験勉強は「1人で」集中したい人が多い

[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/2582/resize/d1594-2582-132266-0.png ]

誰と学校の試験勉強をするかについては、全体の約7割が「1人で」と回答、全学年、男女ともに1位でした。次いで多かったのは「友だちと」で約6割でした。
また、高2・高3になると、「恋人と」勉強するという回答がランクインしてきます。

また、学年が上がるにつれ「1人で」勉強する人が増加する傾向があり、高3では7割以上が「1人で勉強する」と答えています。
一方、「友だちと」や「塾や予備校の仲間と」という回答は、下の学年ほど割合が多くなりました。

さらに、「親と」勉強しているのは高1のみで、女子高生では4位、男子高生では5位にランクインしています。高2以降では、女子高生は「兄弟/姉妹と」がランクインし、男子高生は親や兄弟/姉妹はランク外になっていくことがわかりました。

男女別に見ると、男子高生に比べて女子高生のほうが「友だちと」、「兄弟/姉妹と」、「先生(塾や学校など)と」というように、誰かと一緒に勉強する人が多い傾向がありました。「塾や予備校の仲間と」勉強するスタイルは、男子高生では全学年でランクインしているのも特徴です。

■試験勉強「一夜づけ」は少数派。何日か前から勉強をする人がほとんど


[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/2582/resize/d1594-2582-367692-1.png ]

試験勉強の開始時期については、学年が上がるにつれて、試験勉強を開始する時期が遅くなる傾向にありました。
全体で割合が多いのは「7~10日前」と「11~14日前」で、約2割ずつ、おおよそ、試験の1~2週間前くらいから勉強をはじめるという人が全体の半数近くいることになります。
一方で「一夜づけ」、「2~3日前」という直前に勉強をする人もあわせて3割弱ほどいました。この傾向は高3でもっとも高くなりました。

■試験勉強の必須アイテム1位は「音楽プレーヤー」

[画像3: https://prtimes.jp/i/1594/2582/resize/d1594-2582-418335-2.png ]

「試験勉強の必須アイテム」については、「特にない」と答えた人は1割未満で、全体の9割の人は、何かしらお気に入りの必須アイテムがあることがわかりました。

もっとも人気があったのは「音楽プレーヤー(音楽再生アプリ)」で、約5割の人が必須アイテムであると回答しています。総合2位は僅差で「ルーズリーフ」。次いで、「蛍光ペン」、「暗記セット(赤シート&緑ペン等)」、「キャンパスノート ドット入り罫線」を挙げる人がそれぞれ3割程度いました。

男女別に見てみると、全般的に男子高生よりも女子高生のほうが、「暗記セット」や「蛍光ペン」、「ふせん」、「青ペン」など、複数のアイテムを使っている様子がうかがえます。

■勉強がはかどる食べ物・飲み物、人気はやはり甘いもの系

[画像4: https://prtimes.jp/i/1594/2582/resize/d1594-2582-183704-3.png ]

試験勉強がはかどる食べ物、飲み物については、全体で堂々の1位は「甘いお菓子(チョコレート、クッキー等)」でした。全体2位は「ジュース」で、TOP2は甘いもの系が占めました。3位以降は、眠気を防止するためなのか「コーヒー系」や「緑茶系」、「炭酸飲料」と続きます。

男女別に見ると、男女ともに1位はやはり「甘いお菓子」で女子高生は約6割と圧倒的な人気でした。また、お茶類やコーヒー、ジュースなど男女共通してランクインしているものが多数ありました。

女子高生の特徴としては、「緑茶」が2位、「紅茶」が同率4位と男子高生と比べても人気となりました。また、8位に「辛いお菓子(ポテトチップスやスナック菓子等)」がランクインしました。

男子高生では、「炭酸飲料」や「エナジードリンク/栄養ドリンク(レッドブル、メガシャキ等)」などの、刺激がある飲み物が上位に入っているのが特徴的でした。また、「夜食(カップラーメン、おにぎり等)」が8位にランクインしました。

■試験が終わるまでは●●を我慢する、という人が6割以上

[画像5: https://prtimes.jp/i/1594/2582/resize/d1594-2582-693547-4.png ]

学校の試験勉強の期間中に、断っているもの、我慢していることについては、全体で6割以上が試験勉強中に断っているものがあることがわかりました。

断っているもの全体1位は「ゲーム」で、男女ともに1位でした。「YouTube/動画」は、女子高生は3位、男子高生では2位となりました。

男女別に見ると、男子高生3位には「部活・自主トレ」がランクインしました。
女子高生は男子高生よりも「マンガ/コミック」を我慢するという割合が多いのが特徴的でした。さらに、男女共通して、「SNS」「友だちと会う」「デート」など、友だちや彼氏・彼女とのコミュニケーション全般を我慢している様子がうかがえる結果となり、女子高生の方が顕著でした。

LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2020年9月8日
有効回収数:1037サンプル
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならないことがあります。

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約529万人のアクティブモニターのうち10~29歳が52%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2020年7月時点

「LINE リサーチ」公式サイト: https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング