「LINE証券」、1株から取引可能な「いちかぶ(単元未満株)」の取扱銘柄を1,015銘柄まで大幅拡大!リアルタイム約定の取扱銘柄数No.1へ*1

PR TIMES / 2020年10月5日 12時15分

「株のタイムセール」キャンペーンは銘柄拡大記念、10月は誰でも参加可能!

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、スマホ投資サービス「LINE証券」の、1株から取引可能な「いちかぶ(単元未満株)」において、現在取扱いしている日本の有名企業 300銘柄と、ETF15 銘柄に加え*2、新たに700銘柄を追加し、取扱銘柄を本日より 1,015 銘柄まで拡大いたしますので、お知らせいたします。
追加された銘柄の詳細はこちら: https://line-sec.co.jp/contents/stock-1005-A.html



[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/2589/resize/d1594-2589-229000-0.png ]

「LINE証券」は、1株単位で取引可能な「いちかぶ(単元未満株)」の提供からサービスを開始し、“より多様な商品を楽しみたい”というユーザーのニーズにお応えすべく、2020年5月より現物取引(100株単位)、信用取引の取扱いを開始いたしました。これにより「LINE証券」の株式取引は、「1株単位」「現物取引(100株単位)」「信用取引」の3つの取引方法から選択することができ、「現物取引(100株単位)」では購入できないような銘柄も、「1株単位」で購入するなど、自由に使い分けることが可能となりました。
実際に「LINE証券」のユーザーのうち、取引所取引(100株単位)で売買するユーザーの85%が、リアルタイムで約定ができる「いちかぶ(単元未満株)」取引を併用しており*3、自由に組み合わせられる投資方法が初心者のみならず経験者にも幅広くご好評いただいております。

このような背景から、より自由度の高い株式投資を実現させるべく、315銘柄から1,015銘柄へ大幅に拡大いたします。この度の銘柄追加により、「LINE 証券」の取扱銘柄は、リアルタイムで約定する単元未満株取引の取扱銘柄数No.1*1となり、時価総額ベースで国内株式*4の約88%をカバーいたします。「いちかぶ(単元未満株)」の取引を活用しながら、「現物取引(100株単位)」の本格的な取引をするなど、ご自身の取引スタイルに合ったポートフォリオをこれまで以上に自由に組むことが可能となります。

さらに最大7%OFFで注文することができる「株のタイムセール」キャンペーンが、「いちかぶ(単元未満株)」の取扱い銘柄拡大記念として、10月は参加条件を設けずに実施します。誕生月毎の全4回に分けて開催し、タイムセール開催日の前日までに口座開設が完了している方で自身の誕生月の回であれば、誰でも参加が可能です。またタイムセール開催中(17時~19時)に、LINE証券内のキャンペーン画面からTwitterにてシェアすると、抽選で10人に1人にLINEポイント1000PをプレゼントするWチャンスも開催!
誰でも参加できる「株のタイムセール」キャンペーンは年内最後!ぜひこの機会に口座開設をして、お得に株取引を体験してください。詳細はこちら: https://line-sec.co.jp/contents/regulartimesale.html
[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/2589/resize/d1594-2589-761337-1.png ]


「LINE証券」は今後も投資初心者から投資経験者まで全ての「働く世代」のユーザーに支持されるようサービスの改善を図っていくと同時に、取扱い商品の拡充を進め、「LINE」を当たり前に使うように「LINE証券」を当たり前に使っていただくような日常を実現するべく、ユーザーに寄り添った新しい総合ネット証券のスタンダードを目指してまいります。

■「株のタイムセール」キャンペーン概要
▼内容
「いちかぶ(単元未満株)」対象銘柄拡大記念!10月は参加条件を設けず、誰でも参加が可能です。
以下タイムセール開催日の前日までに口座開設が完了したユーザーは、自身の誕生月の回に参加できます。

▼概要
開催日の17:00~19:00の間に対象銘柄が、3,5,7%のいずれかの割引率で注文できるキャンペーン。

▼開催日
・2020年10月8日(木):1~3月生まれの方
・2020年10月15日(木):4~6月生まれの方
・2020年10月22日(木):7~9月生まれの方
・2020年10月29日(木):10~12月生まれの方

*1:単元未満株式のリアルタイム約定ができるOne Tap Buy、CONNECTと当社を比較。
(2020年9月18現在、LINE証券調べ)
*2:当社で取扱いのある ETF は、国内 ETF となります。
*3:2020年8月現在
*4:第一部・第二部・マザーズ・TOKYO PRO Market・JASDAQスタンダード・JASDAQグロース合計(2020年7月31日現在)


■LINE証券サービストップ画面: https://trade.line-sec.co.jp/
■LINE証券株式会社コーポレートサイト: https://line-sec.co.jp/corp
■LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
■公式サイト: https://line-sec.co.jp/
■公式Twitter: https://twitter.com/linesec_jp
■公式note: https://note.mu/line_sec

■LINE証券株式会社の概要
(1) 名称 LINE証券株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金 400億円(2020年4月10日時点)
(6) 設立年月日 2018年6月1日


ご注意事項
当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
国内株式等※の相対取引は、市場価格に取引コストを適用した価格でお取引いただきます。
国内株式等の取引所取引は、売付の場合、約定代金に対して最大1,771円(税込み)の取引手数料をご負担いただきます。買付の場合、取引手数料はかかりません。なお、電話による受注の場合は約定代金に対して最大5,500円(税込み)の取引手数料をご負担いただきます。詳細についてはLINE証券の取引ルールをご確認ください。
国内株式等の信用取引にあたって取引手数料はかかりません。ただし、電話による受注の場合は約定代金に対して最大5,500円(税込み )の取引手数料をご負担いただきます。また、別途管理費および名義書換料をご負担いただきます。加えて、買付の場合、買付代金に対する買い方金利を、売付けの場合、売付け株券等に対する貸株料および品貸料をご負担いただきます。詳細についてはLINE証券の取引ルールをご確認ください。
投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、購入手数料(換金時手数料)はかかりません。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大0.5%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大2.09%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。なお、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合があります。

※「国内株式等」とは、国内株式、国内ETF、国内ETN、国内REIT、国内インフラファンド等、東京証券取引所に上場している商品のうち、当社が取り扱う商品を指します。

金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。また、国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内株式等の信用取引は、一定の委託保証金を当社に担保として差し入れ、差し入れた委託保証金を上回る取引を行うことができます。委託保証金は、約定代金の33%以上で、かつ30万円以上の金額が必要です。信用取引では、委託保証金の約3倍までのお取引を行うことができるため、株価の変動等により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある資産を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた資産の取引価格の変動や為替の変動等により上下するため、これにより損失が生じるおそれがあります。

お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。

金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング