透明ディスプレイのプロトタイプをミラノサローネ2019のVitra社ブースに参考出展

PR TIMES / 2019年4月9日 17時40分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3425/resize/d3442-3425-124578-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、2019年4月9日(火)~14日(日)、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模の家電見本市『ミラノサローネ2019』本会場Salone del Mobile・Milan(サローネ・デル・モービレ・ミラノ)のVitra(ヴィトラ)社ブースにて、同社と連携して開発した透明ディスプレイのプロトタイプを参考出展します。

京都を拠点とするパナソニックのデザイナーと、北欧を拠点に活動する著名なデザイナーDaniel Rybakken(ダニエル・ライバッケン)とのコラボレーションによってデザインされた本プロトタイプは、木製のフレームに支えられたガラスケースのような佇まいで、電源を入れると鮮明な映像を映し出すディスプレイになります。基板やLEDなどはフレームと一体化させ、空間の中に美しく溶け込みます。

パナソニックは住空間価値の向上に向けて、世界的な家具メーカーであるヴィトラ社と検討を重ねてきました。そして今回、パナソニックの先端技術とヴィトラ社が持つインテリアや空間デザインに対する知見の融合により生み出された数々のアイデアの中から、映像を空間に溶け込ませる提案として本プロトタイプをデザインしました。
ミラノサローネでの参考出展を通じて得られた反響を今後の開発に活かしていきます。

■ミラノサローネについて
毎年4月にイタリア・ミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市とその期間中にミラノ市外各所で行われる展示会や展覧会の総称です。2019年で58回目を迎え、世界最先端デザインの発信イベントとして多大な影響力を有するとともに、近年はデザインエキシビションの枠を超えたブランド発信の場として注目を集めています。

■透明ディスプレイ参考出展について
期間:2019年4月9日(火)~14日(日)9:30~18:30
場所:サローネ・デル・モービレ・ミラノ本会場 ヴィトラ社ブース内 (booth B07/C12, Hall 20)

<関連情報>
Vitra(ヴィトラ)
スイスのBirsfelden(ビルスフェルデン)に拠点を置き、日本を含む世界中で事業を展開する大手家具&アクセサリーメーカー。家庭、オフィス、公共の場にインスピレーションを与えるため、常に革新的な製品とコンセプトの開発を行っています。

Daniel Rybakken(ダニエル・ライバッケン)
Daniel Rybakken の作品は、アートとデザインの領域に存在し、アートインスタレーション、製品化を見据えたプロトタイプをクリエイトしています。2008年にスタジオを開設、現在スウェーデンに拠点を置いています。

Panasonic Design Milan Design Week 2019
https://panasonic.co.jp/design/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング