パナソニックが東京2020大会のメインプレスセンターに「MPCパソコン修理工房」を設置

PR TIMES / 2019年9月19日 15時40分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3587/resize/d3442-3587-532570-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)期間中、世界中の報道関係者が集まるMPC(メインプレスセンター)にパナソニック製モバイルパソコン「Let's note」と「TOUGHBOOK」のサポート拠点となる「MPCパソコン修理工房」を設置します。

東京2020大会のMPCは、東京ビッグサイト・西ホールが拠点となり、1万を超える報道関係者の利用が見込まれています。そのMPCのインターネットラウンジに、大会運営を支援するモバイルパソコン「Let's note」と「TOUGHBOOK」のサービス受付および無償の修理工房拠点を設置し、大会の感動を全世界に届ける報道関係者のパソコンにかかる業務をサポートします。同工房では、報道関係者が使用する「Let's note」や「TOUGHBOOK」の修理・点検を行うほか、パナソニック製以外のパソコンを使用される報道関係者にも、パソコントラブルによる業務停滞を防ぐために「Let's note」の貸し出しを行います。

さらに東京2020大会の運営サポートとして、競技情報管理・審判員による競技結果記録・スタッフ業務など、幅広い用途で大会を支えるモバイルパソコン「Let's note」と「TOUGHBOOK」を納品します。

パナソニックは、「Let's note」および「TOUGHBOOK」の自社開発・自社生産にこだわったものづくりを実践しています。数少ない国内パソコンメーカーとして、東京2020大会の運営をサポートし、世界最高峰のスポーツイベントが生み出す情熱や感動を世界中の皆様と共有し、オリンピックとパラリンピックのムーブメントの醸成に貢献します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング