DMM.make 3Dプリント NEX400素材にてサポート除去サービスを開始

PR TIMES / 2020年10月14日 17時15分

2020年10月14日(水)より

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO亀山敬司 、 https://dmm-corp.com/、以下DMM)は、DMM.make 3Dプリント事業において、NEX400素材を対象に、サポート除去サービスを2020年10月14日(水)より開始いたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/3635/resize/d2581-3635-166030-0.jpg ]

LSPc技術により超高速造形をリーズナブルな価格で実現するNXE400は、市場にある他の同等の光造形の3Dプリンターの6倍の速度と2.5倍の体積で、Z方向に対して1分間で最大1センチメートルの速度で、最大16リットルの部品を連続的に印刷します。DMM.make3Dプリント受託サービスでは現在xGPP素材(グレー)、xABS(ブラック)、PPライク素材(半透明)を展開中ですが、今回DMM.make3Dプリント受託サービスではサポート除去有りを選択できるサービスを開始いたしました。本サービスでは、自動見積り後、材料選択のプルダウンにて「サポート除去有り、無し」を選択いただけます。

光造形は造形時の破損も多く、またサポート除去時の破損も懸念されていた為、通常はサポートがついたまま発送させていただいておりました。しかし一方で、到着後の造形物のサポート除去のお悩みの声も多くございましたので、この度、お客様のご要望にお答えし、NXE400サポート除去のサービスを開始いたしました。

また、価格について、NEX400素材サポート除去有りは従来通りの価格で対応するほか、サポート除去無しのサービスは、本日以降より値下げを行い、お求めやすい価格でご提供するため、お得にご利用いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/2581/3635/resize/d2581-3635-664895-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/2581/3635/resize/d2581-3635-472131-2.jpg ]


■製品概要
・素材名:NEX400
・開始日:2020年10月14日(水)より
・素材詳細ページ: https://make.dmm.com/print/material/100/

■DMM.make 3Dプリントとは
3Dプリント製造数国内最大級を誇ります。3Dデジタルスキャン、3Dプリンターを用いた造形など、3Dプリンターに関わる全領域をトータルサポートいたします。
https://make.dmm.com/print/

DMM.make3Dプリンターの企業導入事例を集めたメディアサイトはこちら
https://works.make.dmm.com/

■合同会社 DMM.com について
1998年の創業からこれまで、動画配信、GAME、証券、英会話、アニメ、プログラミングスクール、3Dプリント、エナジー、フットボール、オンラインサロン・・など領域を問わず、40を超える事業を展開してまいりました。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。

企業サイト: https://dmm-corp.com/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング