改元騒ぎで幕を開けた2019年から新型コロナウイルスが襲来した2020年 激動の2年間を書き綴った100本のコラム『明けゆく毎日を最後の日と思え 玉村豊男のコラム日記2019~2020』発売!

PR TIMES / 2021年2月3日 14時15分



 インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2021年2月5日に、『明けゆく毎日を最後の日と思え 玉村豊男のコラム日記2019~2020』を刊行いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/3674/resize/d5875-3674-566855-0.jpg ]


エッセイスト・画家・農園主・ワイナリーオーナーとして、いくつもの顔を持つ玉村豊男氏は、もともとは短いコラムを書くことから物書きのキャリアをスタートさせました。字数や行数が決められた枠の中に、起承転結を収めるコラムを得意としています。
本書は現在、玉村氏が居住している信州の里山の風景や季節の変化を経糸に、田舎に住んでいても否応なくさらされる、さまざまなニュースに触発される意見や感想を緯糸にし、短いエッセイをコラムに仕立てて、日記のように並べました。
わずか2年のうちに社会の状況がこれほど極端に変化するとは、誰も想像していませんでした。そんな激動の2年間における日常を書き綴っています。

【内容】
巻頭カラー
ヴィラデストの美しい風景を、8頁にわたり紹介しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/3674/resize/d5875-3674-516331-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/3674/resize/d5875-3674-464718-2.jpg ]



目次
100本のタイトルを掲載しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/3674/resize/d5875-3674-356722-3.jpg ]


100本のコラム日記本文
1本のコラム日記はすべてが2頁以内に収められているので、気軽に読むことができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/5875/3674/resize/d5875-3674-957931-4.jpg ]


2019と2020年の出来事
2年間で起こった世の中の出来事を玉村さんセレクトで巻末に掲載しています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5875/3674/resize/d5875-3674-636528-5.jpg ]



【書誌情報】
書名:明けゆく毎日を最後の日と思え 玉村豊男のコラム日記2019~2020
仕様:A5判、210×148ミリ、200ページ
定価:1760円(本体1600円)
発売日:2021年2月5日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://amzn.to/2IXdNYF

【株式会社天夢人】 https://temjin-g.com/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上
________________________________________
【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人 担当:矢島
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL: https://temjin-g.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング