合同会社DMM.comと新潟県新発田市が包括連携協定を締結

PR TIMES / 2021年2月18日 17時15分

~農業や鳥獣害対策を軸に幅広い分野で地方創生を目指す~

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO 亀山敬司、以下DMM)と新潟県新発田市(市長:二階堂 馨、以下「新発田市」)は、それぞれが有する資源を活用し、相互に緊密な連携と協力により地方創生を推進し、更なる地域の発展と市民サービスの向上を図ることを目的として、包括連携協力に関する協定を締結いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/2581/3713/resize/d2581-3713-954848-0.jpg ]


DMMは動画配信、FX、英会話、ゲームなど50以上の事業を展開しております。新発田市は豊かな自然が広がる城下町であり、農業や加工品などの産業が盛んな食に恵まれたまちです。今回の包括連携協定では、DMMが培ってきたノウハウやテクノロジーを活用し、新発田市の喫緊の課題である鳥獣被害対策に着手するとともに、未来に向けて新たな産業・事業の創出、人材育成等、あらゆる領域で新発田市の地方創生及び地域活性化に取り組んでまいります。

【協定の目的】
DMMと新発田市が保有する資源を有効活用し連携することにより、地方創生を推進し、更なる地域の発展および市民サービスの向上を図ってまいります。

【協定に基づく連携事項】
(1)生活に関すること
(2)産業に関すること
(3)教育に関すること
(4)健康福祉に関すること
(5)地方創生に関すること
(6)その他,目的を達成するために必要な事項

【合同会社DMM.com 最高執行責任者 村中 悠介 コメント】
新発田市の魅力は観光資源が充実していることに加え、農産物をはじめとした様々なリソースがあり、それでいてアクセスや住環境などの住むという機能も両立させている点にあると感じております。
これまでに、鳥獣被害が深刻化している背景を受けてドローンを活用した野生動物の生態調査を実施したり、「まちづくりドラフト会議 for Youth」にて事業会社の視点から学生へアドバイスを行うなど、多様な分野での連携が進んでおり、今後さらなる連携強化を期待しております。

【新発田市長 二階堂 馨 コメント】
豊富な人材とノウハウ、ネットワークを持つDMM.comとの協定は、市の様々な問題や課題を解決し、また、新たなまちづくりに向けてチャレンジしていけるなど、地方創生の実現に向けて大きな期待を寄せています。


【取材のお申込み・お問い合わせ先】
・新潟県新発田市
みらい創造課 担当:山田 / TEL:0254-28-9530 / E-MAIL:mirai@city.shibata.lg.jp

・合同会社DMM.com
広報部 担当:福田、平 / TEL:03-5797-8926 / E-MAIL:release-dmm@dmm.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング