SDカーナビステーションStrada スタンダードモデル4機種を発売

PR TIMES / 2020年9月2日 13時15分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3921/resize/d3442-3921-115221-0.jpg ]

パナソニック株式会社 オートモーティブ社(以下、パナソニック)は、SDカーナビステーション「ストラーダ」スタンダードモデル4機種を2020年10月上旬に発売します。

本シリーズは、お求めやすいスタンダードモデルながら、ユーザーニーズが高まるドライブ支援やナビ・AV機能が充実したコストパフォーマンスの高い7V型AV一体型カーナビです。

建物の形や道幅を緻密に描写した詳細地図で全国の市街地を100%カバーした「全国市街地図」(※1)を新たに搭載。現在地の把握や目的地の特定がしやすく、初めて行く場所でも安心です。

また、好評の安全・安心運転サポート機能を強化。ドライバーにシフトレバーがリバースに入ったことを音声で通知する「リバースお知らせ機能」や、後退時に進んでいる方向を矢印で示す「バック方向表示機能」(※2)を搭載し、後退時の操作ミスの未然防止をサポートします。また、ストラーダ専用の前後2カメラドライブレコーダー連携で、後続車のあおり運転をカーナビ画面で確認できるなど、安全・安心ドライブ支援が充実。
VICS WIDE対応の渋滞回避機能やBLUETOOTH(R)オーディオ、8倍速CD録音など、ドライブを快適にする機能を豊富に搭載しています。

パナソニックは、ユーザーニーズに幅広いラインアップで応え、安全・安心で快適なドライブをサポートします。

<特長>
1. 全国の市街地を100%カバーした「全国市街地図」(※1)を搭載 現在地の把握が容易に
2. オプションカメラ連携(※2)で安全・安心ドライブ支援が充実
・バック時の音声通知・方向表示(※2)で操作ミスの未然防止を支援
・前後2カメラドライブレコーダーと連携 あおり運転などをカーナビ画面で確認可能
3. VICS WIDEで渋滞回避、BLUETOOTH(R)オーディオなど充実のナビ・AV機能

【品名】SDカーナビステーション
【品番】CN-RA07WD、CN-RA07D、CN-RE07WD、CN-RE07D
【オープン価格】2020年10月上旬 発売

※1 ゼンリン製地図を採用。調査終了時期:2019年11月、収録エリア:1,741都市、無人島など一部離島を除く。
※2 別売のドライブレコーダー(CA-DR03TD)、またはリヤビューカメラ(CY-RC100KD)が必要です。路面の状態などにより、実際の旋回方向とは逆方向に矢印を表示する場合があります。

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 オートモーティブ社 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-50-8729(受付時間 9:00~17:00 365日)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] SDカーナビステーションStrada スタンダードモデル4機種を発売(2020年9月2日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/09/jn200902-4/jn200902-4.html

<関連情報>
・一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター
http://www.vics.or.jp/know/structure/beacon_map.html#tsps
・パナソニック 無料地図更新
https://panasonic.jp/car/navi/freemap/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング