1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

首都圏と東北を結び、さらに北海道連絡の使命を担う本州を縦断する大動脈、東北本線と周辺路線を解説 JR路線大全II『東北本線』刊行

PR TIMES / 2021年9月16日 13時0分



 インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2021年9月18日にJR路線大全II『東北本線』を刊行いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/4070/resize/d5875-4070-7622579f4c49dae8583a-0.jpg ]

 JR旅客6社の営業路線を全10巻で解説するシリーズ「JR路線大全」。シリーズ8冊目は、首都圏と東北を結び、北海道連絡の使命も担う重要幹線、「東北本線」を取り上げます。
 かつては東京と青森を結ぶ「日本一長い在来線」でしたが、現在は東北新幹線の全通により盛岡以北が並行在来線として第三セクター化され、東京~盛岡間の路線に短縮されました。全区間を直通する旅客列車はなく、地域間輸送を担う一方、首都圏では上野東京ラインの開通で多くの列車が起点駅・東京に乗り入れるようになるなど、列車の運用が大きく変わりました。
 また、本書では東北本線の周辺路線を、主に東側に敷設された路線を中心に紹介しています。沿岸部では、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた路線も多くあり、気仙沼線や大船渡線のようにBRTに転換された路線があれば、山田線のように一部が三陸鉄道に移管された路線もあるなど、さまざまな形で営業を再開しました。
 本書では、各路線の“らしさ”を感じる美しい写真とともに、路線の歴史、変遷、震災被害と復興などを解説しています。各路線の詳しい解説では、鉄道が敷設された地形的な理由や時代的な背景も分かり、大変興味深いです。
 最終章では、東北本線で活躍した新旧車両形式を解説しています。JRの全路線と主要車両を扱う本シリーズを、愛蔵版として、ぜひお手元にお揃えください。


■『東北本線』の誌面構成
第1章は東北本線、第2章は東北本線の周辺路線(関東圏)、第3章は東北本線の周辺路線(南東北圏)、第4章は東北本線の周辺路線(北東北圏)、第5章は東北新幹線を解説しています。見開きいっぱいの大きな写真と、詳細なデータが本書の特長です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/4070/resize/d5875-4070-2f804ebc0f34422a4b23-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/4070/resize/d5875-4070-5ac0f9ae0367b0b7d130-2.jpg ]

第4章「東北本線の周辺路線(北東北圏)」に掲載している大船渡線の誌面です。各路線の導入には、その路線の雰囲気を象徴する絶景写真を大きく入れています。本文では、駅名・営業キロなどのデータ、地図等を掲載し、詳しく解説しています。気仙沼線・大船渡線では、BRTの駅名・営業キロ、鉄道線からの通算キロも記載しています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/4070/resize/d5875-4070-9e59ae1f88a544f58721-3.jpg ]

第6章「車両解説」では、東北本線に関連する車両を取り上げています。国鉄時代に製造された583系や457系(写真)などの懐かしい車両から、E721系やHB-E210系などの現役車両まで多彩なラインナップです。寝台特急用の14系、24系客車、東北の普通列車に欠かせない50系客車などの懐かしい車両も本巻で掲載しています。


■本書で取り上げている路線と車両

●第1章 東北本線
東北本線(東京~黒磯間/黒磯~盛岡間)
東北本線の分割路線(IGRいわて銀河鉄道/青い森鉄道)
東北本線の駅(上野駅/白河駅)
東北本線を駆けた名列車(ひばり・やまびこ・はつかり・はくつる/北斗星/みやぎの・まつしま/八甲田・十和田/なすの)
コラム:東北の物流拠点、仙台貨物ターミナル駅

●第2章 東北本線の周辺路線(関東圏)
日光線/烏山線
日光線の駅(日光駅)

●第3章 東北本線の周辺路線(南東北圏)
磐越東線/仙石線/仙山線/石巻線/気仙沼線
仙山線の駅(山寺駅)
コラム:BRTの元祖、国鉄バスに転換された白棚線

●第4章 東北本線の周辺路線(北東北圏)
大船渡線/釜石線/山田線/八戸線/大湊線

●第5章 東北新幹線

●第6章 車両ガイド
特急・急行形電車 583系/E261系/457系
近郊形・通勤形電車 E721系/701系/E231系近郊タイプ/E131系/417系/717系/EV-E301系
気動車 HB-E210系/キハ100系・キハ110系
機関車・客車 EF65形/ED75形/EH500形/50系/14系/24系/E26系


■シリーズラインナップ
『JR路線大全』シリーズは、下記の10巻構成です。冒頭の数字は巻数で、発行順とは異なります。刊行済みのものは、刊行年月をカッコ書きしています。

I 函館本線・北海道各線 (既刊)
主な掲載路線:函館本線/留萌本線/釧網本線/千歳線/札沼線/北海道新幹線ほか
II 東北本線 (既刊)
主な掲載路線:東北本線/日光線/仙石線/石巻線/釜石線/大湊線/東北新幹線ほか
III 羽越・奥羽本線 (2022年刊行予定)
主な掲載路線:羽越本線/奥羽本線/五能線/花輪線/米坂線/白新線/磐越西線ほか
IV 首都圏各路線 (既刊)
主な掲載路線:山手線/高崎線/埼京線/八高線/常磐線/水郡線/総武本線ほか
V 東海道本線 (既刊)
主な掲載路線:東海道本線/横須賀線/御殿場線/飯田線/草津線/東海道新幹線ほか
VI 中央・関西・紀勢本線 (既刊)
主な掲載路線:中央本線/青梅線/飯山線/大糸線/関西本線/紀勢本線/参宮線ほか
VII 北陸・信越本線 (2022年刊行予定)
主な掲載路線:北陸本線/小浜線/城端線/高山本線/信越本線/上越線/両毛線ほか
VIII 近畿圏・山陰本線 (既刊)
主な掲載路線:大阪環状線/福知山線/阪和線/桜井線/山陰本線/境線/山口線ほか
IX 山陽本線・四国各線 (既刊)
主な掲載路線:山陽本線/芸備線/小野田線/予讃線/土讃線/高徳線/鳴門線ほか
X 鹿児島・日豊・長崎本線 (既刊)
主な掲載路線:鹿児島本線/久大本線/日豊本線/長崎本線/佐世保線/博多南線ほか

※上記ラインナップは予定です。掲載路線等は変更になる場合があります。


【書誌情報】
書名:JR路線大全II 東北本線
仕様:A5判 160ページ
定価:1980円(本体1800円+税10%)
発売日:2021年9月18日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://amzn.to/3nzx9ou


【株式会社天夢人】  https://temjin-g.com/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】  https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人 担当:林
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL: https://temjin-g.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング