WOWOW×シネフィルWOWOW 第90回アカデミー賞授賞式開催記念「90本のアカデミー賞」

PR TIMES / 2017年12月12日 13時1分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃)は、第90回アカデミー賞授賞式を独占生中継するにあたり、これを記念し、グループ会社である株式会社WOWOWプラス(本社:東京都港区、代表取締役社長 牧野 力)が運営するチャンネル「シネフィルWOWOW」と合同で、アカデミー賞特集を放送することを決定した。
WOWOWでは、世界最高峰の映画の祭典「第90回アカデミー賞授賞式」を、3月5日(日本時間)に独占生中継する。1月23日(日本時間)には、そのノネーションが発表されるが、翌日から3月にかけて、過去にアカデミー賞を受賞した、映画史上に残る名作・秀作を大量にラインナップし、「シネフィルWOWOW」と合わせて合計90本の特集を行う。

■企画概要
【企画名】
WOWOW×シネフィルWOWOW
第90回アカデミー賞授賞式開催記念「90本のアカデミー賞」
【放送予定】
1月24日~3月4日(WOWOW)
2月5日~3月4日(シネフィルWOWOW)
【特設サイト】
http://www.wowow.co.jp/special/013034 (WOWOW)
http://www.cinefilwowow.com/feature/academy90/ (シネフィルWOWOW)

【WOWOW】
1月の放送では、第88回でレオナルド・ディカプリオが主演男優賞に輝き、他3部門を受賞した「レヴェナント:蘇えりし者」、他9本。2月の放送では、前回の長編アニメ映画賞を受賞している「ズートピア」をはじめ、「ウォーリー」「ライオン・キング」「カールじいさんの空飛ぶ家」などのアニメーション作品などをラインナップ。3月には作品賞及び前回受賞作を中心にお届けし、1月から3月にかけて合計50本を放送する。

【シネフィルWOWOW】
2月から3月にかけて、受賞作から選りすぐった名画、合計40本を放送する。フィリップ・シーモア・ホフマン「カポーティ」、オードリー・ヘプバーン「ローマの休日」、ジュリア・ロバーツ「エリン・ブロコビッチ」等、主演男優・女優、助演女優賞の受賞作14作品ほか、編集賞や歌曲賞(主題歌賞)、衣装デザイン賞の受賞作をラインナップ。受賞式直前の3月3日、4日は、最多受賞数タイの「タイタニック」、主要部門の内4部門を独占した「アニー・ホール」ほか作品賞の受賞作8本を放送する。

※WOWOW×シネフィルWOWOW
WOWOWは、2017年4月にIMAGICA TVを子会社化。衛星放送やCATV、IPTVで、「イマジカBS・映画」チャンネルなどを提供しているIMAGICA TVをグループに加え、「コンテンツ制作力やプロデュース力を高め、メディアとしてのチャンネル価値やブランド価値の向上を図る」とした。
それに伴い、2017年10月「イマジカBS・映画」の名称を、「シネフィルWOWOW」に変更。開局以来のブランドである名画を中心としたシネフィル(映画を愛する人)向けの専門性の高い編成をより強化し、WOWOWグループ全体の映画サービスの向上を目指している。

<生中継!第90回アカデミー賞授賞式>
2018年3月5日(月)午前8:30[二] [同時通訳] /夜9:00[字幕版]WOWOWプライム 
案内役:ジョン・カビラ、高島 彩
番組HP  http://www.wowow.co.jp/academy

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング