クリスマスの贈りものに♪ ごはんの時間が楽しくなる絵本『しろいおひげ なにたべた?』好評発売中

PR TIMES / 2019年12月13日 13時25分

【試し読みあり】“おひげ”からはじまる連想ゲームは、読み聞かせにもオススメ!

株式会社KADOKAWAは、2016年にイタリアの「ボローニャ国際絵本原画展」入選を機に国内外で活躍する新鋭のアートユニット・Miya Uni(ミヤ・ウニ)が描く、ちぎり絵による新しい絵本『しろいおひげ なにたべた?』を12月12日(木)に発売いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/6600/resize/d7006-6600-329819-4.jpg ]

子どもたちは、ごはんを食べるときはとても一生懸命。
慣れない手つきでがんばってごはんを食べているおくちには、勲章のような“おひげ”がつきもの。

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/6600/resize/d7006-6600-493003-0.jpg ]

幼い頃、誰もが経験した“おひげ”を通して“楽しくご飯を食べてほしい”、“お友達を作ってほしい”、そんな想いを込めて描いた絵本『しろいおひげ なにたべた?』がKADOKAWAから発売されました。
作者は、世界中のイラストレーターを対象にしたイタリアの原画展「ボローニャ国際絵本原画展」で入選した新進気鋭のアートユニット・Miya Uni(ミヤ・ウニ)。
こどもたちの大好きなごはんが、優しいちぎり絵で表現された絵本です。


おやおや? おくちに しろいおひげ
なにたべた?

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/6600/resize/d7006-6600-735961-3.jpg ]




ゴック ゴック
ぎゅうにゅう のんだ

[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/6600/resize/d7006-6600-491412-2.jpg ]


ページをめくるたびに、「こんどは、なにをたべたかな?」。――おひげをヒントにお子さんと一緒に、考えてみましょう!
連想ゲームはこどもたちの発想力と想像力を刺激します。イラストが大きいので読み聞かせにもオススメ!

[画像5: https://prtimes.jp/i/7006/6600/resize/d7006-6600-578171-1.jpg ]

──“おひげ”は世界共通! み~んな“おひげ”でお友達!!

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=lOILlRG_37U ]

(※YouTubeにて、12月25日まで期間限定配信) 



保育園の先生や、ママ達の声も続々!


・ごはんを「楽しい」と感じることができる素敵な絵本です。ごはんの時間が苦手なお子さんは、読み聞かせにチャレンジしてみては?(保育園園長)
・読んだ後、「おひげ!おひげ!」と言って楽しそうにしていました。もりもり食べて元気な子になってくれるといいな。(3歳児男の子のママ)
・私自身、子どもの頃に、この「おひげ」を通ったことを思い出しました。みんな共感できるはず!(3歳女の子のママ)

●期間限定!公式Instagramにて全ページ配信中(12月15日まで)
http://www.instagram.com/kadokawa_ehon/

●「食べることは楽しい!」とたくさんの親子に伝えたい。――刊行記念インタビュー公開中!
https://kadobun.jp/feature/interview/bz7ccwytplw0.html


●書誌情報
[画像6: https://prtimes.jp/i/7006/6600/resize/d7006-6600-493003-0.jpg ]

『しろいおひげ なにたべた?』
作:Miya Uni(ミヤ・ウニ)
定価:1,000円(+税)
仕様:ハードカバー/オールカラー/24P
ISBN:978-4-04-108946-0
発行:KADOKAWA
好評発売中
https://kdq.jp/shirohige




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング